スマホ 電池の寿命の伸ばし方|忍者猫 ブログ

スマホ 電池の寿命の伸ばし方



バッテリーを劣化させない使い方

1 : 充電回数を減らす
2 : 寝る前充電をなるべく避ける
3 : 充電中は負荷を掛けない



バッテリー寿命を延ばすために、
注意すべき3点【日常編】&
電池劣化の原因はコレ!


バッテリーの劣化は、
スマホの使い方そして
充電の仕方で変化します。




バッテリーの劣化を
抑えるためのヒントを紹介します。


一般にバッテリーの寿命は約1~2年
と言われていますが、
1年と2年では大きな違い!



防水機能をもつスマホや
薄型のスマホは、バッテリーが
内蔵となっているため、


バッテリーの持ちが悪いな
と思い交換しようとすると、
1万円弱の金額がかかります



バッテリーは「リチウムイオン電池」
と呼ばれる充電池です。


劣化ポイント1 :
充電の積み重ね



充電池の特性上、放充電を繰り返し
ていくと満充電時の性能が
低下していきます。


少しずつ劣化していき1年以上
経ったころに約半分ぐらいの性能となります。

このバッテリーの性能が
半分ぐらいになる目安は、
およそ500回と言われています。



劣化ポイント2 :
過放電と過充電



過放電はバッテリー残量が
0%になるまで使い切り
そして放置してしまうことです。



過充電は満充電にも関わらず
長い時間充電し続けることです。



スマホは充電が完了すると
「充電器を外してください」
というメッセージが表示されます。


というのも、満充電後は
放電と充電を繰り返しながら
バッテリー100%をキープします。


私たちが寝る前に一回
充電していたつもりでも、
実は充電回数は1回ではないのです。



劣化ポイント3 :
充電中にスマホをフル稼働



過充電と関係した注意点として、
バッテリーの発熱も劣化につながります。


窓際や電化製品の上など
高温になる場所での充電や、


充電しながらゲームや
動画視聴などをすると
バッテリーが発熱してしまいます。


充電中はスマホをいじらない、
充電する場所選びが重要です。




バッテリー寿命を延ばすために、注意すべき3点【日常編】&電池劣化の原因はコレ!

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます