子どもの自閉症は88%の精度で血液検査から予測できる 遺伝子でかかる病気がわかる時代になるんだね|忍者猫 ブログ

子どもの自閉症は88%の精度で血液検査から予測できる 遺伝子でかかる病気がわかる時代になるんだね

◆子どもの自閉症は88%の精度で
血液検査から予測できることが明らかに


自閉スペクトラム症(ASD)の子どもは
血液検査から97%以上の精度で
予測できるという研究結果が
2017年8月に示されましたが、


一部の保健機関から研究内容に
問題点があるとして指摘を
受けていました。


そこで、レンセラー工科大学で
医用生体工学の教授を務める
ユルゲン・ハーン氏らの研究チームが
研究内容を見直し、再度実験を
行った結果


血液検査からASDの
子どもを88%の高い精度で
予測できることが明らかになりました。



アメリカ疾病予防管理センターによると
約1.7%の子どもがASDと診断されて
いるとのことです。


しかし、2018年時点では、ASDの診断は
臨床観察によるものしか行われておらず
ほとんどの子どもは4歳になるまでASD
であるかどうか結果を知ることができない
という問題がありました。


ハーン氏らの研究チームは子どもの自閉症
を早期に診断するため、血液中の代謝産物
のパターンからASDとの関連が疑われる
ものを探し出し、ASDかどうかを判定する


ビッグデータ技術を用いた予測システムを
開発しました。以前の研究では、研究チーム
は予測システムに24種類の代謝産物のデータ
を入力し、149人の子どもたちの血液サンプル
を調査して


97%を超える精度で診断する
ことに成功していました。



今回の追跡調査では、予測システムに
使用する代謝産物のデータを22種類に
減らし、アーカンソー州児童研究所に
保管されていた154人分の子どもの
血液サンプルの調査を実施。


すると、予測システムは88%の精度で
ASDと判定することに成功しました。


「私たちは以前の研究とは異なる
子どもたちを調査し、以前と同様に
高い精度で自閉症を患っているか
どうかを予測することができました」


とハーン氏は語り、当初の指摘を
覆すことができたと自信を持っ
て伝えています。


2018年6月時点でハーン氏は、
この予測システムを使った診断を
臨床試験に移すことを計画しており
早ければ今後数年で実際のASDの
診断に用いられるようになるとのことです。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます