オウム分派 「山田らの集団」 監視へ簡易型交番も 一番危険性のある分派のようです|忍者猫 ブログ

オウム分派 「山田らの集団」 監視へ簡易型交番も 一番危険性のある分派のようです


「山田らの集団」 はじめて聞きました。
現在は、力ないでしょうけど
それでも、忠誠心があるのでしょうね


普段は何をしてお金を
得てるのでしょうか?



県警は、団体の施設前に簡易型交番
「ポリスボックス」を設置して
監視を強化することや


警察官職務執行法に基づく強制の
立ち入りについて検討を始める
方針を示した。

県警は刑が執行された6日以降
24時間態勢で施設前に止めた
捜査車両から監視を続けている。


周辺住民でつくる
「金沢オウム真理教対策協議会」
の畠善昭会長(71)は


「警察と公安調査庁にはより
一層の監視の強化をお願いしたい」
と要望した。



山田らの集団は、オウム真理教
の後継団体であるAlephから
分派した団体で、2017年12月
現在約30人の信者がいる。


元Alephの金沢支部で石川県
金沢市を拠点とし、山田美沙子
(ヴィサーカー師)を代表者とする。


Alephから分派した時期は
2014年~2015年頃とされる


正式な団体名は不明であり
「山田らの集団」は公安調査庁
の定めた便宜上の呼称である


石川県金沢市を拠点に活動
していますが東京武蔵野にも
施設があり麻原彰晃の絶対的な
信仰心を持っている事から残党の中で
1番過激で危険性が高いとされています。

そのため麻原彰晃の死刑執行後に
「山田らの集団」の動きが
マークされていました。


麻原への帰依を貫いており、2018年3月
には麻原生誕祭を行い


「そそそそそそそ尊師、そそ
そそそそそ尊師麻原尊師、麻原尊師」
と信者らが大声で
オウムソングを合唱する様子が報じられた






麻原元死刑囚、執行7分前に残した“不吉な遺言”の謎 オウム残党暴発の恐れも 結局 お金と権力か?





| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます