エア退社で残業 企業にも損失|忍者猫 ブログ

エア退社で残業 企業にも損失

エア退社で残業 企業にも損失


スバルで2015年~2017年に7億円以上の
残業代未払いがあり、対象社員は3421人
だったことが今年1月にわかり、大きな
波紋を呼んだ。


2016年12月にあった群馬製作所の男性
(当時46)の自殺が労災認定され、その
ことを遺族代理人が発表したことに伴い
発覚した問題だ。


亡くなった男性の場合、記録上の残業
時間はゼロとなっていた。


午後5時の時点でいったん入出ゲートで
退出処理をしたうえで自席に戻り改めて
仕事を再開するというのが「当たり前」
になっていたとされる。


男性は長時間労働と上司からの厳しい
叱責のため、うつ病となり、飛び降り
自殺した。


帰宅前に家族に送ったメールの時間
などから推定すると、うつ病の発症前


1カ月は残業が「124時間31分」
2カ月が「100時間39分」

だったとみられるという。


今回はスバルで深刻な問題があることが
わかったが、他社の残業代未払い事例も
度々報じられている。


未払いは「論外」だが、それ以前に
退社したことにして残業するのも
大きな問題だ。



どこかで退社したことにしないと
いけないが、どっちにしても
双方にリスクが残る。

難しい。



index1.jpg

忍者猫 ブログ

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます