パチンコ依存対策で店内ATM撤去 引き出し額は1日3万円が限度|忍者猫 ブログ

パチンコ依存対策で店内ATM撤去 引き出し額は1日3万円が限度

パチンコ依存対策で店内ATM撤去

「引き出し額は1日3万円が限度」でも客は
「3万円までなら勝負できる」と解釈


パチンコホールは名目上遊技施設となって
いるが、その実はお金のやり取りが発生
しているギャンブル施設である。


そのために、訪れる客の中には借金まみれ
であったり、借金はなくとも、生活のため
のお金を注ぎ込んでしまう人が一定数いる。


こうした客の足元を見るかのように、
サラ金全盛の時代なんかは、わざと
パチンコホールの周辺に無人契約機を
設置する状況がそこかしこで見られた。


さすがに最近ではそこまで露骨なことも
なくなったが、一歩ホールに足を踏み入れると
、まだまだこの「露骨」の息の根は
止まっちゃいないことを感じさせられる。


政府が今月19日に閣議決定したギャンブル
依存症対策の基本計画の中に、パチンコ店
内ATMの撤去の一文が盛り込まれたという。


パチンコホールにATMが設置されるように
なって今年で12年になる。


日本では現在、全国1000店舗ほどの
パチンコホールで店内に設置されている。


つまり、利用客がもしも財布の中身を全部
スッてしまっても、店内で追加の預金を
崩してギャンブル続行が可能だ。
当然こういったATMが店内にあったことで

、余計に負けてしまう客も大勢いたことだろう。


南朝鮮のように、パチンコを全廃すべき


一位パチンコ:20兆億円、
二位マカオ:2兆7千億、
三位ラスベガス:5千億

■世界最大ギャンブル大国は日本


パチンコ依存対策で店内ATM撤去

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます