一晩で五万円、“丑の刻参り”にまつわる「怖すぎるアルバイト」とは・・・!?|忍者猫 ブログ

一晩で五万円、“丑の刻参り”にまつわる「怖すぎるアルバイト」とは・・・!?

一晩で五万円、“丑の刻参り”にまつわる
「怖すぎるアルバイト」とは・・・!?

「ある神社に夜の9時に行け」と言われ
向かったところ、同じように集められた
人間が40~50人いたとのこと。

そこに宮司が現れると
「この話を聞いて無理だと思ったら
帰っていただいて結構です。
そのときは(口止め料として)
1万円お支払いします」
と告げたという。

明かされたアルバイトの内容は、
ご神体になっている山に訪れた人が
残した、わら人形などの“丑の刻参り”
にまつわる品々を回収するというもの。
新年を迎える前にそれらを取り外したい
という依頼で、半分ほどの人は内容を
聞いて帰ってしまったという。

わら人形から釘を抜くときには
うめき声が聞こえたり、抜いた瞬間に
血が飛び散ったりするという事態も。

さらには、1人の男性が緊急搬送されて
しまったという。

朝までに100体近い呪いの人形を
引き抜いたそうで、体験した人は
5万円をもらって帰途についたものの

「もう二度とあんな仕事はしたくない」
と思ったそう。また、救急車で運ばれた
男性について中山氏が

「胃の中に釘が3本入っていた」と
明かすと、スタジオからは恐怖する
声が上がっていた。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます