遺伝子操作でヒトの脳を持つ猿が完成 倫理的な問題があるため育てず 殺処分|忍者猫 ブログ

遺伝子操作でヒトの脳を持つ猿が完成 倫理的な問題があるため育てず 殺処分

遺伝子操作でヒトの脳を持つ猿が完成 倫理的な問題があるため育てず 殺処分

ヒトの脳を進化させた「知恵の実」
遺伝子が、サルの脳を巨大化させると判明



maxresdefaFultチンパンジーの遺伝子は
人間と99%一致していることが知られていますが、
ヒトの脳はチンパンジーよりも3倍大きく、
構造にもかなりの違いがあります。


そのためドイツと日本の研究者は、
ヒトとサルを分けた因子が互いに
一致していない、


残り1%の遺伝子の中にあるのではないかと考え、
その中でも有力視されている
ARHGAP11B遺伝子をサルの受精卵に組み込みました。


まさしく知恵の実とも言える遺伝子を組み込んだ結果、
サル胎児の大脳新皮質の厚さは2倍になり、
人間と同じような脳のシワが生まれました。


なかでも、人間とサルの脳で最も違いが
大きかった脳上層部の脳細胞数の増加が
著しく、サルの脳は完全にヒト化を
始めていたそうです。


しかし、このままでは倫理的な問題が
生じると考えた研究者によって、
出産予定日の50日前に中絶が行われ、


ヒト化した脳をもったサル胎児は
この世に産まれてはこれませんでした。




猿の惑星

いろいろとヤバすぎ


という話だっただけでこっそり飼ってるよ



ところが一匹だけ処分を免れた個体が・・・



殺されたのは別の猿で、逃げた猿は
その後、人類に復讐する



生まれた猿が人間に近い所か人よりも
何十倍も賢いってパターン



こんな発表したら中国が同じことやるんじゃ



猿「たのむっ…ころさないでくれっ……
おれはにんげんだ!、」



忍者猫 ブログ

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます