日本が技術開発の面で中国に負け始めてる理由は? 基礎開発にも人と金をつぎこんでいるから|忍者猫 ブログ

日本が技術開発の面で中国に負け始めてる理由は? 基礎開発にも人と金をつぎこんでいるから

日本が技術開発の面で中国に負け始めてる理由は? 基礎開発にも人と金をつぎこんでいるから

韓国とちがって基礎開発にも人と金を
つぎこんでいるからじゃないですかね。

あと、日本と違って技術とは何かを理解して
そこに人と金をつぎ込んでいるからじゃないですかね。


特にヤバイなと思ったのが、中国人民解放軍の空母です。


一番最初は廃墟になってたエンジンもついてない
旧ソビエトの空母を買い取って修理して建造しました。


笑ってた人が多かったですが、逆にこの地道な一歩から始め
こいつはガチで自分達で空母を作り上げるつもりだって思いましたよ。


普通に今ある空母を金で買うのではなく、ガラクタでも
いいから自分達のでいじくり倒しながら空母を自分達で
作れるようにその技術やノウハウを蓄積して
いこうとしたんですから。


だから逆に出来上がってる空母じゃなく
エンジンもない抜け殻のような船体を買ってきた
というのが、うわ中国ガチやん本気やんかと
思ったんですよ。


とはいえ空母が出来ても運用するにはまた経験と時間が必要です。


でもこれって経験すれば時間が経てば手に入るものですから
その時間と経験が手に入ったてきにはそれなりの
空母機動部隊というのが完成するでしょう。


日本はちょっと遅れましたね。


さすが中国からの工作が効いたようで30年以上遅れましたよ…



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます