長い間人々に信じられていた 間違っていた医学 擦り傷等への消毒|忍者猫 ブログ

長い間人々に信じられていた 間違っていた医学 擦り傷等への消毒



長い間人々に信じられていた 間違っていた医学 擦り傷等への消毒










擦り傷等への消毒ですかね。


もちろん手術時等の消毒は非常に大事で
それらの改善で多くの命が助かっていますが


軽い擦り傷等は自己治癒力で治せてしまいます。


傷口を綺麗な水で洗いゴミや砂を除去した後は
絆創膏もガーゼも貼らずに物理的衝撃を
与えない様にして放っておくのが良いです。


消毒液を使うと、本来体がもっている回復機能にも
ダメージを与えてしまい、かえって傷の治りが
遅くなることが最近わかりました。


結果、今では学校で怪我しても消毒はしないところも多いです。


後は、プール後の目の洗浄。

これも未だに古いプールには二股に分かれた
目の洗浄専用の蛇口がありますが・・・


今では使われていません。


プールで入った雑菌を洗い流す?という目的でしたが
そもそも洗浄に予防効果が無く

逆に目の表面を傷つけてしまうことが分かったので

今では行われていません。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます