大阪府警 警部補 取り調べ中にドラクエ 「暇つぶし」|忍者猫 ブログ

大阪府警 警部補 取り調べ中にドラクエ 「暇つぶし」

大阪府警 警部補 取り調べ中にドラクエ 「暇つぶし」

大阪府警の警察官が取り調べ中、ドラクエをやっていたとして、本部長注意の処分を受けていたことがわかりました。

処分を受けたのは、大阪府警西署に勤務する男性警部補(59)。

発表によると男性警部補は
わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的所持
の容疑で逮捕された女の取り調べを
行っていた際

3日間で合計約3時間にもわたり
ドラゴンクエスト(通称:ドラクエ)を
プレイしていたということです。


男性警部補は取調室でドラクエを遊んでいましたが
内規でタブレット端末は取調室への持ち込みが禁止されていました。


大阪府警が行った調査に対して男性警部補は
「暇つぶしでやっていた」

「取り調べが順調に進んでいたので、何もすることがなかった」
などと説明。


男性警部補は20代の男性巡査長の補助役として
取り調べに同席しており、聴取などのメイン
主要業務はこの男性巡査長が行っていました。


そのことから、経験の浅い男性巡査長の取り調べ内容に
不完全な点があった場合などに、何らかの手助けを
行う役割を果たしていた可能性が考えられますが

それ以外にはすることがなかったものと推測されます。


取り調べ中、同席していた男性警部補が
タブレットでドラクエをしていることに
容疑者の女が気付き、別の警察官に
知らせたことで発覚したということです。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます