事故に見える片足の切断方法というスレが怖過ぎる スレの翌朝 転落事故 自ら飛び込んだとのこと|忍者猫 ブログ

事故に見える片足の切断方法というスレが怖過ぎる スレの翌朝 転落事故 自ら飛び込んだとのこと

事故に見える片足の切断方法というスレが怖過ぎる スレの翌朝 転落事故 自ら飛び込んだとのこと




事故に見える片足の切断方法 https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340291019/?v=pc


教えてくれ

車に轢かれるか
電車が来る間際にホームに落ちて逃げ切れなかったか
そのくらいしか思い浮かばない


どんなホラーより怖い
https://itest.5ch.net/hayabusa/test/read.cgi/news4vip/1340291019/


恐怖の本当の理由
https://jinshinjiko.com/accidents/4461



スレの翌朝、実際に転落事故がありました。
自ら飛び込んだとのこと。

確かに片足は切断したようだが、結局出血多量で死んだようです…
あくまで同一人物という確証は何一つない…


そのスレッドの主は


「仕事がつらくて明日会社に行きたくない。
車に轢かれるか、電車に撥ねられるかなど
して足を失くしたら仕事を辞められるかな? 


他人に迷惑をかけず、不幸な事故として
足を失う方法はなにかほかにないか?」と


冗談ではなく本気のトーンで相談したいと考えてスレッドを立てたようだった。



当然、スレッドの人びとは困惑の色を隠せなかったようだ。

言うまでもなく、片足を失う必要性など
どこにもないからだ。


さっさと退職届を出せばそれで終わる話だ。

だが彼はあくまで「不慮の事故によって働けなくなった」
という事実があることにこだわっているようだった。



仕事がつらすぎて、現実が苦しすぎて
なんとかそこから脱したいと願う男は


しかし「落伍者」として蔑まれるのも回避したかった。

そこで、実社会から「かわいそうだ」と思ってもらうために
「名誉の勇退」という物語のもとで社会から去りたいと考えたのだ。


彼は片足を失うことで「無能な落伍者」ではなくて
「不慮の事故で片足を失い、惜しまれつつも社会から退場した」


という物語のなかで生きることを欲したのだった。



片足を失ってでも「名誉の勇退」に彼がこだわったのは
「無能な落伍者」となればけっして与えられることのない



他人からの「やさしさ」あるいは「やさしいまなざし」が欲しかったからだ。



私たちは「やさしくしなければならない対象」
に対してはやさしいが、そうでない対象にはとことんまで冷たい。


いまなら彼がそう訴えた理由がよくわかるように思えた。



冗談抜きに全ての人に読んで欲しいスレ
教科書に載せるべき



本人としては続けたくて仕方がないけど
その意志とは関係なく辞めざるを得ない状態

を可視化するには片足切断くらいしかないよな実際…

似た考えだとコロナに憧れる人間もいそう




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます