友人の継父に性暴行受け自殺 女子中学生の「遺書」 「パパを苦しませたくない」|忍者猫 ブログ

友人の継父に性暴行受け自殺 女子中学生の「遺書」 「パパを苦しませたくない」

友人の継父に性暴行受け自殺 女子中学生の「遺書」 「パパを苦しませたくない」

友人の継父から性暴行を受けたことを苦に自殺した女子中学生の遺書が公開された。

死亡したAさんの両親は記者会見を開き、遺品整理をしていたところ発見したという「遺書」を公開。

公開された遺書には


「両親がそばで支えてくれたから、がまんすることができた。
でも、私はすごく苦しかった。


正直に打ち明けることができればよかったけど
全てを話したらママもパパも苦しむし
申し訳なくて話せなかった」

とつづられていた。


また

「パパは誰よりも心優しい人だから、苦しむのではないかと心配している。


パパが私のせいで心配して、眠れなくなるのがいや。
心を痛めないで、穏やかに暮らしてほしい。どうかお願い」


と家族を心配する心情を明かしたAさんは


「私はもう苦しみたくなくて、自分勝手なこと
(行動)を許してほしい。


親孝行な娘になりたかったのに、ごめんなさい。
分かってくれるよね?」


と自ら命を断つ決断をした経緯などをつづった。


記者会見で遺書を公開したAさんの両親は

「加害者は、裁判でも犯行を否認している」とし


「子どもを苦しみから解放してあげるためにも


公正な裁判を通じて厳罰に処してほしい」と訴えた。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます