和歌山市 カレー毒物混入事件 林真須美死刑囚 状況証拠しかない  冤罪では?|忍者猫 ブログ

和歌山市 カレー毒物混入事件 林真須美死刑囚 状況証拠しかない  冤罪では?

和歌山市 カレー毒物混入事件 林真須美死刑囚 状況証拠しかない  冤罪では?

たくさんの人が冤罪説をいうから・・・
この人やってないかもしれない?

本当に無罪っぽい
状況証拠しかなくて、動機が不明で直接証拠がない

執行→真犯人を名乗る人物登場→会見直前に事故死


和歌山市で1998年に起きた
カレー毒物混入事件で、殺人罪などで

死刑判決が確定した林真須美死刑囚(60)が
5月、無罪を求めて2度目の再審請求を和歌山地裁に申し立てた。


「時間がない」と涙ながらに弁護士に訴えたという。
25日で事件から23年。今も動機は明らかになっていない。


「毎日毎日、死刑になるんじゃないかとおびえ、生きていくのが限界です」

(省略)

5月に申し立てをする前は、面会の度
「早く申立書を出してくれ」と涙声で懇願された。


「オリンピックが中止になれば、話題をそらすために
死刑が執行されるかも知れない」

と焦りを見せていたという。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます