「殺し合い」のイメージは誤解 古代ローマの剣闘士「グラディエーター」 総合格闘家のようなプロの競技者だった|忍者猫 ブログ

「殺し合い」のイメージは誤解 古代ローマの剣闘士「グラディエーター」 総合格闘家のようなプロの競技者だった

「殺し合い」のイメージは誤解 古代ローマの剣闘士「グラディエーター」 総合格闘家のようなプロの競技者だった


この20年ほどで新たな史料の発見が相次ぎ
映画などでおなじみのイメージは覆されつつある。


これまでは犯罪者や戦争捕虜が罰として戦わされた
と考えられていたが、実際はそうした例は数少なく


剣闘士の大半は、今のボクサーや総合格闘家の
ようなプロの競技者だった。


戦いを終えると、妻子の待つ家に帰る者もいた。


残された記録を見ると、剣闘士は腕しだいで
実入りのいい稼業ともなり、志願する者もいたようだ。


対戦の場であるアリーナで勇敢な戦いを見せれば
民衆の英雄になれたし、囚人であれば
自由の身にもなれた。


そして、これが何よりも意外かもしれないが
試合で命を落とす確率はそう高くなかった。


10人中9人の剣闘士が生きて戦いを終え
次の戦いに備えたと考えてよさそうだ。


剣闘士は娯楽の対象というだけではなかった。
文献などからわかるように、勇敢に戦い、時には
命を落とす姿はローマ人にとって男らしさや
美徳の象徴にほかならなかった。


胸の上のほうで親指を立てて手首を半回転させる
(喉を掻切る動作)が殺せ

助命するときは親指を他の4本の指の中に
握りこんだこぶしを差し出す
だったらしい



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます