故障してから24年間 開かれなかったエレベーターの中で 白骨化した遺体が見つかる インド|忍者猫 ブログ

故障してから24年間 開かれなかったエレベーターの中で 白骨化した遺体が見つかる インド

故障してから24年間 開かれなかったエレベーターの中で 白骨化した遺体が見つかる インド

インド北部ウッタル・プラデシュ州の病院の放棄
されたエレベーターの中で、白骨化した遺体が見つかった。
Mirrorが報じた。


Mirrorによると、エレベーターは1997年に故障してから
24年間、開かれていなかった。


今年9月初旬、病院の建物とエレベーターシャフトの修理が決まり、遺体が見つかった。


現在、DNA鑑定による身元確認が行われており、警察は
24年前の行方不明者に関するデータを調べているという。


昨年、スペインでもミイラ化した女性が見つかったと報じられた。
女性は住宅の浴室に少なくとも15年間放置されていた


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます