死んだ後で市町村が自宅を解体してくれたりするのでしょうか|忍者猫 ブログ

死んだ後で市町村が自宅を解体してくれたりするのでしょうか

死んだ後で市町村が自宅を解体してくれたりするのでしょうか
 くれません。市町村はノータッチです。

相続人ナシで誰かが亡くなると、遺産は国の物になります。


家屋を取り壊して更地にすると、相続税+取り壊し料より高額で土地を売却できるような場合には

国が無償で取り壊してくれると思います。

しかしそうでない場合、ものすごく虫が良いことに、面倒事…

物を管理する責任…を最後に相続人だった人に押しつけることになっています。

例えば、最後に相続人は遺産の家屋が倒壊して人を傷つけたりしないように

管理させられますので、その人が解体するかもしれません。

しかし、家屋自体は国の財産ですから、勝手に取り壊すことはたぶんできず

あんな書類こんな手続きとさんざん苦労させられて国の許可を得てから取り壊すことになるんだろうと思います。


生きている間であれば、合意の上で養子を採るとか、結婚するとかの方法で

「自宅を貰ってくれる人」を用意することはできます。

遺贈などの方法もありますが当然に有効ということではないので

受け取りを拒否される危険性もあります。

なので、養子・結婚が良いと思います。


これらは合意が必要ですから、相談の際、受け取ることを確認できますから。

また、「リバースなんとか」という方式
(家屋を担保にした金融)


で銀行から借金すれば、亡くなった時銀行が家屋を換金処分(貸金と相殺)してくれます。

借金を返済せずに亡くなることを前提にした制度ですので

残った家屋の処分で悩むことなく死んでいくことができますよ   (^_^;; 。

この制度を利用すると、それまで親を放置していた相続人たちが親の死後突然に


「おかしい」「親はダマされた」

とかクレームを付けて問題になるのですが、相続人はない場合には有効そうですね


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます