宇宙はシミュレーション  ムーアの法則によれば「宇宙」のインストールは500年で可能になる|忍者猫 ブログ

宇宙はシミュレーション  ムーアの法則によれば「宇宙」のインストールは500年で可能になる

宇宙はシミュレーション  ムーアの法則によれば「宇宙」のインストールは500年で可能になる

「宇宙」のインストールは最低でも6×10の80乗ビットの空き容量が必要なようです。

英国ポーツマス大学で行われた研究によれば
私たちの住む現実が全て巨大なシミュレーション
によって構築されているとした場合に
必要最低限の情報量を算出した、とのこと。


その大きさは驚異の6億の兆兆兆兆兆兆兆兆倍ビット。

(※参考までに2021年度の最新ゲームの容量が
「数十ギガビット=数百億ビット」となっています)


この宇宙が何者かが創造したシミュレーション世界であるとする
「シミュレーション仮説」は
古くから多くの人々の興味を引き立てていました。

直近では、世界で最もお金持ちである
イーロンマスク氏がシミュレーション仮説
を支持し、私たちが「本当の現実」
にいる可能性は10億分の1だと述べています。


またシミュレーション仮説は哲学やロマンとの相性も抜群です。


例えば、特殊相対性理論における時間の歪みは
移動する物体をシミュレートするさいに生じた
負荷に対する、フレームレート適応であると見なすことができるそうです。

また重力レンズ効果は、巨大な物体の情報を出力
するにあたり、ポリゴン数とモデルの忠実度の妥協の産物であるとか。


さらに、先端物理学の弦理論やM理論で扱う10次元
や20次元といった存在は、画面(2D)への
3Dグラフィックの投影に近い現象であるとのこと。


このような意見が飛び出てくるのも、物理学が進めば進むほど
宇宙が数式にもとづく法則に支配されていることが
判明してきたからです。




ムーアの法則によれば「宇宙」のインストールは500年で可能になる


コンピューターの急速な発展によりコンピューターの性能
(集積密度)は1年半から2年ごとに2倍になると
いうムーアの法則が知られています。


ムーアの法則と連動して記憶容量も増えていけば
コンピューターの記憶容量も500年後には
6.036×10の71乗ギガビットに到達すると予想されるからです。


(※ムーアの法則には最近になって再び限界もみえはじめている)


さらに600年後、700年後となれば
6.036×10の71乗ギガビットの情報を同時に処理でき
レベルまで到達するでしょう。

宇宙のシミュレートが可能な技術レベルに到達するのは
思ったよりも近いのかもしれません。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます