『進撃の巨人』商品 販売中止    作品自体が差別社会|忍者猫 ブログ

『進撃の巨人』商品 販売中止    作品自体が差別社会

『進撃の巨人』商品 販売中止    作品自体が差別社会

まあ、エタ非人、アイヌ土民と日本も差別と無縁ではないので
そこを掘り起こされると全く潔癖ではないので、痛いとこですね。

鏡とコップはいらんし、グッズもムズイ




原作やいまの段階のアニメを見てきた人なら分かる
と思うが明らかにドイツのナチス時代にあった

ユダヤ人迫害がベースとして物語があると推察できる。


連載当初から登場人物の名前はドイツ系だった
のでそういうことを意識して作者は書いたのだろう
(それが良いか悪いか別として)


だから、このようなグッズが出てきてもそれは
ある意味、当然なのかもしれない。

作品自体がマーレの民によるエルディア人への迫害
(差別)なのだから。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます