中国 10万円でEV車販売 アメリカで好調な売れ行き|忍者猫 ブログ

中国 10万円でEV車販売 アメリカで好調な売れ行き

中国 10万円でEV車販売 アメリカで好調な売れ行き


“世界一安いEV”として知られる中国のEV車、Chang Liが、米国で好調な売れ行きを見せている。

ミニ四駆

普通のエンジン車と違って部品点数が大幅に減
それだけで安くなる

本来50マンくらいでできる
バッテリーが今のとこ高いが容量少なければ安い


このEVは、混雑した中国の都市部を移動するのに
最適だとして、多くの人に支持されている。


コンパクトで小回りが利くのはもちろんながら
選ばれる理由はやはり魅力的な価格帯だ。

同国の大手通販サイトのAlibaba(アリババ)で
930ドル(約10万円)~という破格で販売されており
発売当初はメディアにも多数取り上げられ大きな話題となった。


輸送費の関係で、米国での販売価格は6500ドル
(約75万円)と本国よりも割高だが
米国の輸入業者、Electric Import Motors(EIM)

が行った6ヶ月間の事前販売では、好調の売れ行きだったようだ。


米国で「THE GRUNT」と呼ばれるこのEVは
1回の充電で約32km走行でき、最高速度は時速40kmだという。

狭く入り組んだ道も運転しやすい、ゴルフカートほど
のコンパクトサイズで、前に大人2名、後ろに
子供2名まで乗車することができる。


さらに同ブランドにはトラックも用意されていて
より強力なバッテリーとモーターの搭載により、
最高速度は56km、航続距離は約64kmにパワーアップする。

荷台つきで荷物の運搬や、家具の移動などにも便利だ。

大人2名が乗車できるこのトラックの米国での
販売価格は8500ドル(約97万円)から。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます