「プチぼったくり」歌舞伎町 渋谷  ぼったくられるスポット|忍者猫 ブログ

「プチぼったくり」歌舞伎町 渋谷  ぼったくられるスポット

「プチぼったくり」歌舞伎町 渋谷  ぼったくられるスポット

ぼったくりバーってやる方も辛い?

「心の奥では泣いてるけど、やってるうちに慣れてしまう。
でも心は確実にすり減っているんだよ」とか

「すぐに警察に介入されるから長続きしなくて
商売としては結局つらいよね」


「プチぼったくり」です。

そんな警察沙汰になるような何十万もの請求はせず
ちょっとしか飲んでないのに6000円〜9000円みたいな

「明らかに高いけど揉めるには面倒」
と思わせる少額をぼったくるのがコツです。

大抵のサラリーマンだとそれくらいの額は払ってしまいますし
(2度と来ないけど)、少額のため警察も動きにくく
さらにお店の人も心がそこまで傷まないで済む

という全方位に配慮した見事な解決策と言えるでしょう。


さらに、値段はやや高いくらいにしておき
その分メニューの質を死ぬほど下げるという手もあります。

ビールを頼むとビールの水割りみたいなのが出てくるのです。

もちろんほとんどの人が憤慨するのですが
こういったお店は雑居ビルの中にあるような
小さい店がほとんどのため


トラブルを恐れて泣き寝入りする人が大半なのです。

あと、酔っ払いも多いのでよく分からず払っている人も結構います。


ちなみに、つい最近まではコロナにより営業する
飲食店がガクンと減ったことで、逆にこういった
真っ当な商売をしない店にお客さんが集中する
という逆転現象が起こっていたりしました。


真っ当なお店はそもそも営業していないので
飲みたい人はこういったお店以外に行く場所がなかったんですね。

そうなると、お店側もわざわざプチぼったくる必要
もないので、結構普通に商売したりします。


別にそこまで美味しくはなくとも、まあまあ普通
の値段で提供すればちゃんと儲けられるのです。

とはいえ、そういった悪質な行為の積み重ねが
地域の信用を失ってしまい、特に歌舞伎町だ
渋谷だのの繁華街はもはや華やかな大人の街
ではなくなってしまいました。


あそこはもはや、お上りさんとアホがぼったくられるスポットです。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます