赤ちゃん工場は実際に存在 養子縁組のために業者へ赤ちゃんが売られている|忍者猫 ブログ

赤ちゃん工場は実際に存在 養子縁組のために業者へ赤ちゃんが売られている

赤ちゃん工場は実際に存在 養子縁組のために業者へ赤ちゃんが売られている

世界の闇ですね


ブームの産業が
ありますが、ほとんどの人はそれを知りません。

そのようなことを想像するだけの不信感を
持っている人はほとんどいないのです。



この場所が何なのか聞いてみようと決心して
彼に聞いてみると、「赤ちゃん工場」だと言うのです。
彼の答えはその2つの言葉だけ。


赤ちゃん。工場。

そこには、女の子を妊娠させる「種馬」もいました。


赤ん坊は代理店に売られたり、海外や国内の裕福な
家庭に養子に出されたりしていた。


彼らは、北アフリカ、アラブ、白人などの
外国人男性の精子を使って赤ちゃんを作ることを好みました。


少しでも肌が明るく、顔立ちがシャープな赤ちゃんのほうが
「よく売れる」から。

「お前も入る?」
彼は私に「仕事をしたいか?ボーイ?」と尋ねました。


何と言っていいか分からなかった。
女の子たちはきれいでした。
食事も十分に与えられているように見えました。

しかし、少し悲しげにも見えたし、全体の前提が
とても不道徳に思えたのです。


また、以前の「種馬たち」には一体何が起こったのでしょう?
彼らは死んだのか?
逃げたのか、銃殺されたのか?

尋ねるのが怖かったのです。


「どうやってここに来たんだ?」

「私はただ、偶然にこの場所に踏み込んだだけです。。」

「踏み出して行っても、誰にも言わないことはできるのか?」

「え、ええ、できます。します!」

「お前の生まれてくる子供たちの命に誓えよ。」

だから私は誓いました。

そして、できるだけ早くその場を離れました。

よろめきながらとは言えませんが、最初は歩いて
後には走りました。


しかし、その前に、私は彼がくれた飲み物に
人並みに丁寧にお礼を言いました。


彼は私に薬を飲ませようとしたのではないか
と思うことがありますが、今となっては
それを知る由もありません。





関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます