愛がなかなか生じないです|忍者猫 ブログ

愛がなかなか生じないです

愛がなかなか生じないです

なんというか、瞑想で言えば 深い瞑想に入って
自分の心を観ること はできるのですが

ここ1年くらいは、あんまり上達しない

何が必要か と考えたときに
アナハタチャクラが改善されればいいな と思うのですが・・・

言葉であらわすのは難しいですが
瞑想は、無功徳というのも 何というか非常に理解できることなのですが

人を場合によって徹底的に殺傷できるようになるためには
愛情が必要だな と痛感しています

武術そのものは、ここ1年ほとんどしていませんが
確実に殺すことを考えると、愛が必要だなあ と痛感



色々とかんがえるに、発達障害で独りでやることが好きなんで
仕事が楽しくないと感じます

トラウマもたくさんあるし、今は下丹田と漢方でもっていますが

・苦しみを通り抜けると 多分大きく成長すると思うんですが
なかなか難しいです



愛をもてるようになるには、どうすればよいか


愛は本能的なものではなく、生後に学びとるものだとして、
まず、乳幼児期の母子関係のあり方の重要性を強調する。

ゆがんだ愛は、幸福になれない人や犯罪者をも生みだす。

西欧の二種類の愛「エロス」と「アガペ」に対し、

愛はただ一種類しかないと考える著者が、
臨床経験と最新の世界の科学的成果から、

愛の誕生、発達、ゆがみ、癒し、修復等を語る。


愛とは何か (NHKブックス) 単行本 – 1997/9/1
小林 司 (著)




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます