社会不安障害の芸能人  男性|忍者猫 ブログ

社会不安障害の芸能人  男性

社会不安障害の芸能人  男性

1.吉田照美さん




生年月日:1951年1月23日

出身:東京都

所属:アワーソングスクリエイティブ

血液型:O型

活動:フリーアナウンサー



フリーアナウンサーの吉田照美さんは
(対人恐怖症・赤面恐怖症)だったと告白しています。

学生時代はかなり内気で、人と話す時に
緊張して顔が赤くなってしまうということがあり

それを克服するために、早稲田大学の
アナウンス研究会に入ったとのことです。




2.つぶやきシローさん


生年月日:1971年3月10日

出身:栃木県下都賀郡野木町

身長:170cm

所属:ホリプロ

血液型:A型

活動:お笑いタレント


つぶやきシローさんの芸風は栃木訛りで
たどたどしく俯きながらつぶやくものですよね。

症状を元に作られた可能性があります。



台湾ロケに行った時には、ずっと部屋でファミスタを
やっていて、朝のバイキングチケットも使わず

「昨日のパンの残りがあるんで」と部屋で
食べていたという逸話も持っているほどですから

人と接するのがあまり好きではないことは間違いないと思います。



3.嶋大輔さん



生年月日:1964年5月22日

出身:兵庫県西宮市

身長:183cm

所属:enjoy

血液型:B型

活動:俳優、タレント



嶋大輔さんも、社交不安障害のような症状に苦しんでいました。
嶋大輔さんは2013年4月に芸能界を引退して
政界に進出することを表明しました。



しかし、自民党の公認が得られず、はしごを
外された状態になり、選挙出馬を断念。

さらに、選挙資金のための2000万円の借金
だけが残る状態になってしまいました。



その状態になると、「人と会うのが嫌、人の目が怖い」
というじょうたいになってしまったそうで、本人は次のように話しています。



「対人恐怖症みたいに、人と会うのが嫌だった。
一気に何もなくなってしまったので。人の目がイヤだった。

人間ってこんな簡単に人生おかしくなっちゃうのかなって感じていた」






4.鬼龍院翔さん



生年月日:1984年6月20日

出身:東京都

身長:164cm

所属:ユークリッド・エージェンシー

血液型:B型

活動:ミュージシャン



ゴールデンボンバーのボーカルである鬼龍院翔さんは
明るいキャラクターでラジオのパーソナリティー
としても人気ですが、高校時代は

社会不安障害(対人恐怖症)のような状態だったそうです。



人の目が気になるから前髪で顔を隠し、人間
という存在が苦手で小さいときもずっと
対人関係に悩んでいたとのこと。


対人恐怖症(社会不安障害)のほかに、強迫性障害
のような症状もあったようです。

現在でも、精神的な浮き沈みが激しいことを
メンバーから指摘されていますね。




5.石田明さん



生年月日:1980年2月20日

出身:大阪府大阪市

身長:173cm

所属:吉本興業

血液型:B型

活動:お笑いタレント



NON STYLEの石田明さんは、人前では話すことが苦手で
フリートークができないことに悩んでいたとのこと。

そのストレスやプレッシャーからうつ病になり
ベランダから飛び降りる寸前までいってしまった
という過去を持っています。




6.川田広樹さん



生年月日:1973年2月1日

出身:沖縄県那覇市

身長:177cm

所属:吉本興業

血液型:A型

活動:お笑いタレント



ガレッジセールの川田広樹さんも
社交不安障害の中でも対人恐怖症に
なってしまった過去があります。

ガレッジセールは1995年に結成後
比較的早い段階で売れて、2000年からは
ワンナイR&Rが始まり、忙しくなりました。



その中で、川田さんの心が付いていかなくなり
人に会うのが苦痛で、人の目を気にするように
なってしまったとのことです。




7.似鳥昭雄さん




生年月日:1944年3月5日

出身:北海道札幌市

活動:ニトリの創業者



ニトリの創業者、対人恐怖症の社会不安障害だったそうです。

最初は小さな家具店をオープンさせましたが
人と接することに苦痛・恐怖を感じるため
接客ができなかったとのこと。



でも、接客は奥様が行い、ご自身は仕入れや
配達に専念することで、業績を伸ばして
いくことができたそうです。




8.田中慎弥さん




生年月日:1972年11月29日

出身:山口県下関市

活動:作家



芥川賞作家の田中慎弥さんも
社会不安障害の中の対人恐怖症を患っているようです。

芥川賞受賞の記者会見の時はかなり不機嫌そうで
態度が良いとは言えず

「断ったりして気の弱い委員の方が倒れたりしたら
都政が混乱するので。都知事閣下と東京都民各位のために
もらっといてやる」のようなことを言っています。



これは、社会不安障害であり、人前に出ると
緊張してしまうため、その場を早く終わらせるための
ある種の回避行動だったのではないかと言われています。




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます