自己啓発書の闇 恵比寿テキーラ死亡事件は光本勇介 ホリエモンも絶賛|忍者猫 ブログ

自己啓発書の闇 恵比寿テキーラ死亡事件は光本勇介 ホリエモンも絶賛

自己啓発書の闇 恵比寿テキーラ死亡事件は光本勇介 ホリエモンも絶賛

2019年5月に幻冬舎から「実験思考」という自己啓発書籍が発売されました。

光本勇介.jpg


この書籍の著者たる光本勇介なる人物は
自ら起業した会社の事業を他社へ
バイアウトして売り抜けていくという手法で

過去に何社へもの事業売却を通じた売却益に
よって富を成して成功した人物として紹介されています。

その上でこの実験思考という書籍が話題となったのは
なんと電子書籍版は0円で購入できてしまう
前代未聞の売り方を導入していた事です。

(※初版限定の紙媒体書籍は原価分の390円で販売)


その上でこの無料価格でどうやって帳尻を合わせるのか気になりますよね。
それも含めてこの実験思考という書籍にはあるカラクリがありました。


実際にある一定額以上を支払った読者には
クラウドファンディング方式で特典も用意
されていた事もあって


中には一人の人間が1000万以上この著者にお布施を
してしまったというケースもあったようです。


つまり、本の印税が直接著者へ手の届くような
プロセスを構築したような荒稼ぎを眼前に披露していきます。


このマネタイズでまんまと味を占めたのか著者の光本氏は
出版元の幻冬舎社長の「見城徹」氏と本書の編集者を務めた「箕輪」
某らとタッグを組んで本書で培った一連のプロダクトを
提供する価格自由という会社を設立するまでに至りました。


そんな光本氏ですが、この価格自由のプロダクトで
荒稼ぎしたお金の使い道が思わぬ形で発覚してしまいました。



悩んだが色んな実業家のMさんに風評被害がありそうだから公開しておく。

恵比寿テキーラ死亡事件のMは光本勇介。
死亡した子は仲間が指名していて実は俺も飲んだことがある。
すごく良い子だった。

光本、訴訟してえなら開示請求しなくてもいつでも住所
電話番号教えてやるから弁護士からDMさせてこい。


なんとこの光本氏は東京・恵比寿のラウンジ嬢に致死量に
至るテキーラ一瓶を一回当たり10万円のチップで
チャレンジさせてそのラウンジ嬢を死なせてしまった。

そんな話がSNS上で暴露されました。

他人のクオリティ・オブ・ライフを底上げするという
名目で販売した自己啓発書の利益で

他人の人生を殺めてしまうという最高に矛盾した
お金の使い方をご披露なさってますね。


実験思考と言えども致死量のテキーラを使った
人体実験はいただけませんね。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます