神経性頻尿 心身症の一種です 神経質な人 緊張状態になりやすい人がかかりやすい 膀胱は、精神的・感情的作用を受けやすい臓器 トイレが近いです|忍者猫 ブログ

神経性頻尿 心身症の一種です 神経質な人 緊張状態になりやすい人がかかりやすい 膀胱は、精神的・感情的作用を受けやすい臓器 トイレが近いです



神経性頻尿 心身症の一種です 神経質な人 緊張状態になりやすい人がかかりやすい 膀胱は、精神的・感情的作用を受けやすい臓器 トイレが近いです
健康

皆さんは近いですか?


緊張
はイライラがあるとき
ストレスが貯まったときに
トイレが近いです


自宅でも、今近いのですが・・・
ストレスが貯まるとなってしまうので
根本対策は難しそうです




漢方では腎臓が関係してくる
という理論

腎虚には


八味地黄丸、六味地黄丸


などが排尿困難、腰痛
老化、アンチエイジング効果
もありいいですね


___________________


漢方薬を用いた頻尿
(前立腺肥大・過活動膀胱
心因性頻尿を含む)の治療


加齢とともに頻尿が顕著になるようなら
腎虚を改善する漢方薬が治療の中心と
なります。


頻尿や尿漏れにくわえて腰の痛みや
重だるさ、冷え性(冷え症)
肌や眼の乾燥感、聴力や視力の低下など
が目立つようなら腎虚が強く伺われます


具体的には地黄、山茱萸、山薬などの
補腎薬を多く含む漢方薬が使用されます。


・八味地黄丸、六味地黄丸・牛車腎気丸


疲れやすさや食の細さといった気虚の
症状がみられる場合は気を補う漢方薬
が積極的に使用されます。


代表的な気を増す生薬(補気薬)として
人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などが
挙げられます。

日常的にストレスが多い方には気の巡り
を改善する生薬(理気薬)である
柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子
などを含んだ漢方薬が検討されます。


他にも冷え性(冷え症)が目立つようなら
身体を温める生薬も使用されます。


補気剤 ・補中益気湯、十全大補湯

理気剤  ・半夏厚朴湯


冷え性  ・当帰芍薬散  ・加味逍遙散
この2つは女性に、よく使用されますね





___________________





介護的な高齢者のことについても
書いています




すぐ尿意を感じ、トイレに行きたくなる。
同僚から『君はトイレが近いね』と
言われた


神経性頻尿はさらに
心因性(しんいんせい)頻尿と
本態性(ほんたいせい)頻尿に
分けられます。


心因性頻尿とは、心の不調がからだの
不調として現われる
心身症(しんしんしょう)
(「心身症」)の一種です。


膀胱は、精神的・感情的作用を
受けやすい臓器の1つで、心臓や
脳などとともに心身症が現われやすく


膀胱に現われるときは
残尿感(ざんにょうかん)
まったく尿が出なくなる尿閉
(にょうへい)とともに頻尿が
よく現われます。


本態性頻尿とは心因性でもなく
ほんとうに原因不明の頻尿を
いいます。

この両者は区別すべきですが
ここでは一括して説明することにします。

____________


精神的要因,心因反応による場合

心因性頻尿,あるいは神経性頻尿
と呼ばれています


膀胱や尿道に異常がないのに 激しい
頻尿を訴えます


日中は1時間に何回もトイレに行くのに
一旦眠ると トイレに起きないのが
特徴です

何かに夢中になっている時もトイレ
に行きません


一般に,神経質な人,依頼心が強い人
情緒的に緊張状態になりやすい人が
かかりやすいと いわれています.



<心因性頻尿>


1)小児:男子に多く,長男長女に多い
家庭,学校,幼稚園などにおける環境の
変化,厳しい躾,塾通いなどに対す
る不安と緊張.


2)中高生,大学生:受験や就職に
対する,不安と緊張.

3)成人:仕事,結婚,あるいは病気
に対する,不安と緊張.


心身症
(ストレスが関連する身体の病気)

過換気症候群、心臓神経症、高血圧
消化性潰瘍、神経性胃炎
神経性食道狭窄症

過敏性腸症候群(便秘・下痢)

自律神経失調症、神経性嘔吐症、過食症

心因性頻尿 メニエール症候群
頚肩腕症候群、更年期障害
月経前緊張症候群、眼精疲労など


______________


[治療]

その原因(誘因)から考えて、精神的
アプローチによる治療が中心と
なります。


まず初めに、からだには病気がまったく
ないという医師の説明を、理解し、納得
する必要があります。


そして、その原因を明らかにし、治療
するには、患者さん自身がそのことを
自覚して解決するほかにない病気で
あることを認識しましょう。


複雑な精神的背景があると思われる場合
心療内科や精神科の医師の指導や治療を
受ける必要もあります。


薬物療法は、補助的なものにすぎませ
んが、ときに暗示的な効果もあってか
よく効く場合もあります。


この場合
精神安定剤、精神神経調整薬などが
主体となります。




日常生活から考えられる原因



1緊張や気分


疾患がなく、膀胱の機能に異常がなく
ても、緊張したり、不安をかかえて
いたりすると、膀胱に尿が少ししか
溜まっていなくてもトイレに
行きたくなります。



また、トイレに行けない状況に限って
トイレに行きたくなることもあります。
このような経験は誰にでもあることで


回数が異常に多いということがない
限りは気にする必要はありません。


2利尿作用のある飲料のとりすぎ

コーヒーやお茶、ビールなど利尿作用
のある飲料を多量に飲んだときにも
頻尿を引き起こします。


利尿作用はなくとも、水や牛乳などを
たくさん飲んでいると、尿の量が増え
頻尿になります。


また、脳梗塞や高尿酸血症などの疾患
を患っていて、水分補給を指導
されている人も頻尿になります。


3加齢による機能の低下が引き起こす
夜間頻尿


年齢が上がるにつれて、夜間に尿意を
感じることが多くなります。それは
2つの原因からで、一つは夜間に尿を
濃縮するホルモンの分泌が減ることで


尿の濃縮ができなくなり、尿の量が
増えるため。


もう一つは、膀胱の弾力性が徐々に
失われ、夜間に尿を溜められる量が
少なくなるからです。


4頻尿の原因となる主な疾患


膀胱や尿の通り道が細菌に感染し

炎症を起こす膀胱炎、尿道炎
尿管炎、腎盂腎炎などが頻尿を
引き起こします。


また、膀胱の筋肉が過剰に活動する
過活動膀胱でも頻尿が起こります。


さらに、尿道を圧迫する前立腺肥大や
子宮筋腫、子宮脱なども頻尿の原因に
なる他、糖尿病や脳卒中
椎間板ヘルニアなどで排尿を
コントロールする神経に障害が
起こったときも、頻尿を引き起こします。


頻尿をともなう疾患
1神経性頻尿(膀胱神経症)


膀胱に炎症などの異常がないのに
頻尿になることがあります。


精神的なストレスや緊張、不安が
主な原因になると考えられています。


神経性頻尿では、頻繁に尿意を感じる
のにトイレにいってもほとんど
ときにはまったく尿が出ないことが
あります。


2膀胱炎

膀胱内に細菌が侵入して炎症を起こす
のが膀胱炎です。長時間のトイレの
我慢や、過労による抵抗力の低下
冷えによる水分代謝の低下などが
原因で起こります。


膀胱炎になると尿意が近くなり
残尿感、排尿時の痛み、尿の濁りや
血尿などの症状があらわれます。


圧倒的に女性に多く、再発しやすく
慢性化すると尿が溜まるだけで痛み
が生じます。


尿管炎、腎盂腎炎、尿道炎など尿の
通り道に炎症が起こることでも
膀胱炎と同様に頻尿が起こります。

3過活動膀胱(OAB)

過活動膀胱は膀胱が必要以上に過敏に
活動することで、頻尿が起こる疾患
です。


主な症状は突然尿意に襲われ頻尿に
なり、ときには我慢できずに尿を
漏らしてしまうことがあります。


また、就寝中に3回以上トイレに行く
夜間頻尿もみられます。


さらに進行するとトイレが頻繁すぎて
仕事も外出もできなくなり、生活に
支障をもたらすこともあります。


とくに40歳以上に多くみられます。
脳卒中や脳腫瘍などが原因となる
こともあります。


4前立腺肥大症

男性が60歳を超えるころから増える
疾患で、大きくなった前立腺が尿道
を圧迫することで尿のトラブルが
起こります。


尿の勢いが弱くなり、尿が出るまで
に時間がかかるために排尿後も
残尿感があり、夜間の排尿回数も
多くなります。


さらに、進行すると尿がまったく出なく
なるケースもみられます。前立腺がん
の症状とよく似ているので、注意
が必要です。


5子宮筋腫

子宮にできる良性腫瘍。30~40歳代に
多く、成人女性の5人に1人は筋腫が
あるといわれています。


初期の自覚症状はほとんどありません
が、筋腫が大きくなると生理痛が強く
なり、経血の増加や期間の長期化が
みられます。


そのため、貧血やめまい、立ちくらみ
などを引き起こします。また、周囲の
臓器にも影響を与えて

頻尿や排尿、排便ときの痛み、腰痛を
起こすこともあります。


不妊や流産の原因にもなります。


6子宮脱(性器脱)

40代後半から60代の女性に増えている
疾患です。加齢による女性ホルモンの
低下や出産などによって骨盤底筋が
ゆるむと、骨盤底筋に支えられていた
子宮が下がっていき、やがて体外に
出てしまうのが子宮脱です。


頻尿や尿漏れなどの尿に関する
トラブルをはじめ、不快感や便
腰痛などの症状を引き起こします。


7糖尿病

すい臓でつくられるインスリンの分泌
や作用が低下し、血糖値が慢性的に
高い状態になる生活習慣病です。


血糖コントロールがうまくいかないと
体の組織の水分が尿として排泄されて
しまうため、頻尿になります。


さらにのども渇きやすくなるので
水をたくさん飲むために尿量も増え
夜中に何回もトイレに行くことに
なります。


※上記疾患が心配な場合には
早めに医師の診察を受けましょう。


日常生活でできる予防法


1緊張やストレスを緩和する

疾患などの原因がなくても、また、膀胱
に尿が溜まっていなくても、緊張したり
ストレスが溜まったりすると尿意を
もよおすことがあります。


スポーツや趣味を楽しむなど、普段から
意識して、緊張やストレスから自分を
解放してあげましょう。


2細菌の膀胱感染を防ぐ

トイレは我慢せずに行き、水分は多めに
とるようにしましょう。また、下半身を
冷やさないように注意することも
大切です。


そして、外陰部は常に清潔に保つ習慣
をつけましょう。生理用ナプキンや
おりものシートは、3時間を目安に
こまめにとりかえるようにしましょう。


対処法


1就寝前は利尿作用のある飲み物を控える

コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェイン
を含んだ飲み物には利尿作用があります。


とくに高齢の方は、就寝前に
とりすぎないようにしましょう。


2外出したら、トイレの位置を確認しておく

「急にトイレに行きたくなったら
どうしよう」



「トイレが見つからなかっ
たらどうしよう」

という不安が、逆に尿意をもよおさせる
ことがあります。あらかじめトイレの
位置を確認しておくことで、その不安を
取りのぞけます。


3閉経後や出産後は膀胱や
骨盤の機能を鍛える


女性は閉経による女性ホルモンの欠乏
や出産が原因となって、骨盤の底の筋肉
(骨盤底筋)が弱くなります。



骨盤底筋は、膣と肛門にギュッと力を
入れて引き締めてからゆるめる動作を
繰り返す体操で鍛えられます。


あおむけに寝て足を肩幅に開き
「骨盤底筋を締める・ゆるめる」
を朝夕10~20分間で10~20回ずつ
繰り返します。



4病院で診察を受ける

頻尿をはじめとする排尿のトラブルは
日常生活の質を著しく低下させます。


気になる症状があるときは
泌尿器科医の診察を受けましょう。


女性に尿のトラブルはつきもの!?


女性は男性に比べて尿道が短くまっすぐ
なうえ、筋肉も弱く尿に関するトラブル
が起こりやすいといわれています。


また、妊娠や出産で症状が悪化すること
があります。


妊娠中は胎児の成長とともに子宮が大きく
なると、子宮の裏側にある膀胱が圧迫され
尿が少ししか溜まっていないのに尿意を
感じるようになります。


また、出産が原因で骨盤底筋が伸びたり
尿道括約筋がゆるんでしまったりすると
自分の意志とは関係なく尿が出てしまう


尿漏れが起こることがあります。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます