神田沙也加さんの遺書 文春はどうやって入手? イジメにあい精神安定剤服用 夫の不倫に悩む|忍者猫 ブログ

神田沙也加さんの遺書 文春はどうやって入手? イジメにあい精神安定剤服用 夫の不倫に悩む

神田沙也加さんの遺書 文春はどうやって入手? イジメにあい精神安定剤服用 夫の不倫に悩む

・自分も不倫をして、されたら悩んでいる
そこを外しても

寮生活でいじめがあり精神安定剤を服用

お金持ち、有名人は 幸せではないのでは?

___________________


そもそも、最初警察は遺書なんてないって公表してましたし
例えメモの様なものが残っていたとしても
それを知ってるのは、警察と遺族の方だけですよね?

神田沙也加さんの事務所が後々いろいろ散策されて
ある事ない事書かれる前に、彼女の名誉を守るために
文春と協議して遺書を公開したんだと思います。


文春はそれをネタに元カノの所へ行き、これも
元カノと協議をして最低限の名誉は守ることを
約束にLINEの内容を手に入れたのだと思います。



酷な話ですが、話題性のある事は、大きな
ビジネスとして成立するので、文春も情報を追いかけます。


神田沙也加さんは札幌市内のホテルで転落死すると
同市内の火葬場で荼毘(だび)に付されました。

神田正輝さん、松田聖子さん並びにご親族
関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。

神田沙也加さんが宿泊していた部屋に
遺書のようなものは見つからなかったそうですが
沙也加さんが思いをつづった書き置きが残されていたそうです。


自著『Dollygirl』(宝島社)では、全寮制の名門校などを
転々とした中学時代をこう記している。

〈正直つらいことしかなかったです。
結局4回転校を繰り返しました。(略)
寮ではすさまじいいじめが待っていて
寮生活でのいじめって逃げ場がないんですね〉

芸能界デビューは01年、14歳の時。ただ
歌手や女優など幅広く活動するものの
周囲の大きな期待に応えられない状況が続く。

『Dollygirl』でも、当時をこう振り返っている。

私の中では色々と葛藤が生まれていて。
(略)用意されたものに対して、自分の実力が伴っていない〉



舞台で共演したジャニーズJr.秋山大河との不倫疑惑。


「特殊な芸能一家に生まれ、母親とも絶縁状態
に陥った彼女は、愛情に飢えているところがありました。

だから、舞台で自分を支えてくれる共演者にすぐ惚れてしまう。
ただ、昔から不安定な面もあり、精神安定剤を服用することもあった。

それでも彼氏を信用できなくなって、付き合ったり別れたり
を繰り返してしまうのです」(沙也加の親友)



21年10月から交際を始めたのも、元夫・村田、元カレ・秋山
に続き、舞台の共演者だった。


5歳年下の俳優、前山剛久(たかひさ)(30)


「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの
“関係”に深く悩んでいました。前山さんが
長く付き合っていた年下の元カノです」

(前出・沙也加の親友)


〈A子、お疲れ! 神田さんと整理つけるのに、バタバタしてた(泣き顔)〉

 これは、前山がA子に送ったLINEのメッセージだ。〈神田さんと整理〉とは何を意味するのか。LINEはこう続く。
〈なんとか別れたよ!笑〉

 事情を知らないA子が〈すご笑〉と反応すると、前山はすかさず、

〈めっちゃ大変だった!笑 今度話聞いてもらっても良い(汗)?〉
〈いつ時間あるー?〉

 と返信している。

 つまり、前山はA子に対し、沙也加と〈別れた〉と語り、それを口実として会おうと誘っているのだ。

 沙也加もこのLINEを目にしたという。我慢は限界に近づいていた。






関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます