「これにハマったら人生終わるぞ。」というもの  シャーデンフロイデ|忍者猫 ブログ

「これにハマったら人生終わるぞ。」というもの  シャーデンフロイデ

「これにハマったら人生終わるぞ。」というもの  シャーデンフロイデ


ハマったら人生が終わる対象は
快感が得られるモノ、行為、
人(酒、薬、S○X、SNS、ギャンブル、性愛の対象者)
等々の全てであり、人生が終わるかどうかは
「ハマりの度合い=依存の度合い」で決まります。

人は好きなもので身を滅ぼす、てやつです。


■ 依存に至り人生が終わるプロセス

タバコ、パチンコ、違法薬物等の刺激により快感(ドーパミン)が得られることを学習。これは報酬系回路の機能。

快感を求め、再び刺激を得るための行動をとる。

やがて習慣となる。

習慣化することで報酬系回路が強化される。

強化されると刺激に対する快感の度合いが低下するので、より強い快感、より多くの快感を得ようと行動する。

快感を求めるがあまり、社会性を逸脱する(犯罪、多額の借金など)。

→ バレる → 人生終了。




数多くある依存対象の中で最悪と思うのはシャーデンフロイデです。

シャーデンフロイデとは誹謗中傷など
人を叩いて得る快感、ザマミロ、メシウマ等
で得る快感です。


最悪である理由は言わずもがな
本人無傷で他者の人生が終わっちゃう可能性
があるからです。


インターネットにより、旧来届かなかった
「誹謗中傷」「叩き」の射程距離が伸び
ブーストされ、記録として残り続ける。

叩かれる側にとっては最悪です。

一方、誹謗中傷する側、叩く側は匿名性が
高いため、ほぼノーリスクで
シャーデンフロイデという快感を得ることができます。


■ オーバーサンクション(過剰な社会的制裁行動)

そんな叩く側の人達は、社会正義や正論を声高に
主張する人ではあるけれど、社会的に
逸脱しているわけではありません。


そのため抑止が効かずオーバーサンクションレベル
に至ることがあります。


その状態に至ると攻撃対象は無傷ではいられないし
下手したら人生終わります。

コミュニティー維持のために進化の過程で
獲得したシャーデンフロイデという快感は
現代において過剰適応とも言える状態になっているのです。

しかも、そんな叩く側の人達が依存状態になった
としても治療されることはありません


社会的に逸脱しているわけではないため治療対象にならないのです。


依存しやすくなる条件の 1 つに間欠強化があります。

間欠強化とは「たまにしか報酬が得られない」
ほうが報酬を求める行動がより強化される、ということ


■ 叩くことを目的にしていたら危険

ポリコレとか、○○とか、○○も依存状態になってるな
この人って人を見かけます。

理屈こねて叩く対象を生み出す作業にすら見えます。

シャーデンフロイデの依存者が増える未来しか見えません
恐ろしいです


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます