そろそろコロナは、ただの風邪って気がつこう|忍者猫 ブログ

そろそろコロナは、ただの風邪って気がつこう

そろそろコロナは ただの風邪って気がつこう

オミクロンは通常の風邪よりも、より弱毒性。

どちらかといえば、今や通常の風邪コロナの方が怖い。
通常の風邪コロナでは年間5千人ほど亡くなってると
いう研究結果もあるし。

今まで通りの生活に戻り、ある程度、ウイルスや細菌に
晒され、免疫の維持、強化していくことの方が大切。

今の対策じゃどんどん国民の免疫力の低下に突き進むだけのこと。


テレビを見てるとオミクロンが怖くなる気持ちもわかるけど
真実を知ればオミクロンは怖く無いどころか
天然のワクチンなのかな?って最近思います

日本のインフルエンザワクチンは主に不活化ワクチン(死んだウイルスを入れる)
新型コロナワクチンは、体内でわざわざ新型コロナウイルススパイク蛋白を育成

この違いすら知らないで大半の人は打ってますからねぇ。


短期の臨床試験中だし、中期長期の臨床試験もせぬまま、
しかも世界でまだ、例のない遺伝子ワクチン

要するに普通に罹り、自然に免疫を作る
自然免疫に新コロを認識させるでも
何ら問題はないんですけどね。

それがバレぬよう一生懸命、情報操作していますからね。


①ワクチンを打っている人が大量にコロナにかかっている
→ワクチンは無意味


②ワクチンを打っている人が(おそらく)オミクロンに
感染している→仮にこれまでのコロナには効いたとしても、
新変異ウイルスには効かない→無意味


と、どう見ても受ける意味を感じません。




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます