コロナよりインフルエンザに関しては、なぜ問題視されずに(せいぜい学級閉鎖まで)きたのか?|忍者猫 ブログ

コロナよりインフルエンザに関しては、なぜ問題視されずに(せいぜい学級閉鎖まで)きたのか?

コロナよりインフルエンザに関しては、なぜ問題視されずに(せいぜい学級閉鎖まで)きたのか?

インフルは年間1,000万人以上が感染し
死者は超過死亡で1万人程度です。
すなわち致死率は0.1%程度、ということになります。


超過死亡というのは、「インフルの影響で亡くなった数」
を統計的に推計するもので、個々の死因は問いません。

ではインフルが直接の死因で亡くなった死者数は
3,000人くらいです。

つまり致死率は0.03%です。


コロナは流行が進行中の疾病なので致死率を正確に出すことは
難しいのですが、概算で国によって1~3%というところです。

これは「コロナと診断されて入院療養中に亡くなった人」
の数なので、コロナが死因ではない人も含まれています。

ではその中で「コロナが死因の人の数」は
どれだけかというと、それを公表するか否かは
都道府県の裁量で、そこまで公表している県は
少ないのですが

例えば埼玉県だとコロナ死者の8割くらいが
「コロナが死因の死者」となっています。



という補正をしても大きくは数字は動かないので
コロナの致死率は今のところ1%、としておきます。

というわけで、インフルとコロナでは感染症
としての危険度が少なくとも10倍違います。


そしてインフルは過去の感染やワクチンによる
免疫があるから1,000万人ほどの感染規模で済む
のですが、コロナは基本的に人類すべてが

免疫がない状態なので、感染規模はそんな程度では済みません。

集団免疫といって、ある率の個体が感染か
ワクチンで免疫を持てば感染拡大は止まる
とされていますが、それは6割とか7割と推測されています。

ということは、8千万人ほどが感染しないと止まらない、というわけです。

では8千万人が感染した場合、いったい何人が亡くなるでしょう?

仮に致死率がインフルと同じ0.1%まで
無理に下げても8万人です。1%ならその10倍。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます