踏切内 倒れた自転車を起こそうと 94歳男性 電車に引かれ死亡|忍者猫 ブログ

踏切内 倒れた自転車を起こそうと 94歳男性 電車に引かれ死亡

踏切内 倒れた自転車を起こそうと 94歳男性 電車に引かれ死亡

群馬県富岡市の遮断機も警報器もない踏切で
94歳の男性が電車にはねられ死亡しました。

きょう午前、群馬県富岡市を走る上信電鉄の踏切で
近くに住む94歳の加藤卯八さんが電車にはねられ死亡しました。

警察によりますと、加藤さんは買い物から帰る途中
踏切内で倒れた自転車を起こそうとしていた
ところをはねられたとみられます。

現場は遮断機も警報器もない踏切で
2000年以降だけでも2回
電車と車の接触事故が起きていました。


上信電鉄では

「50メートルほど先に遮断機と警報器が
ある踏切を設置したのでこの踏切を廃止したいが
住民の反対で廃止できず運用を続けている」

としています

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます