赤穂浪士  丸腰の老人を暴行   最後は皆切腹というせつなさ|忍者猫 ブログ

赤穂浪士  丸腰の老人を暴行   最後は皆切腹というせつなさ

赤穂浪士  丸腰の老人を暴行   最後は皆切腹というせつなさ

吉良上野介の地元ではいまだに赤穂浪士は悪者扱いです。

そもそもは勅使接待の大役を仰せつかった
浅野家の江戸家老が事前調査を怠ったために
接待が上手く行かず

恥を掻いてぶち切れた浅野長矩(内匠頭)が
刀を振り回して大暴れしたところに八つ当たり


というか巻き添えを食らって怪我をしたのが
極めて真面目に仕事をしていた吉良上野介でした。

喧嘩ではなく単なる傷害事件です。


ところが江戸の市民は、これは「喧嘩」であり

本来は喧嘩両成敗のはずが吉良上野介の方が
家柄が良かったから田舎侍の浅野家だけが
お取り潰しになったのだと解釈し


(江戸市中での批判が高まったので、幕府は
あえて被害者であるはずの吉良上野介を
強制的に隠居させましたが、それでも
批判は収まりませんでした)


当時の徳川幕府の政治への不満も重なって
後の四十七士の討ち入りに拍手喝采を送った
という経緯があります。


そして後にその事実を元にして演出
(嘘八百)を織り交ぜて舞台を室町幕府に
置き換えて作り上げた戯曲が「仮名手本忠臣蔵」です。



そして今ではそのフィクションのみが語り継がれて
いるために美談となっていますが


実際には四十七士全員が

(実際には1人は討ち入り直前に逃亡したので46人が)
切腹を命じられていますので

当時の幕府の解釈も単なる集団殺人事件に過ぎません

(ちなみに直接の切腹の理由は徳川幕府のお膝元である
江戸城下を武装して練り歩いたという罪です)。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます