体に火が付きながらも消火活動を続けた父親死亡  家族4人も死亡|忍者猫 ブログ

体に火が付きながらも消火活動を続けた父親死亡  家族4人も死亡

体に火が付きながらも消火活動を続けた父親死亡  家族4人も死亡

家庭内消火器は必須

ウチは火を感知たら破裂して消火するボール
みたいなやつ10個買って各所に設置してる

7日午前6時50分ごろ、福岡県嘉麻市下臼井の会社員坂本憲介さん
(69)の木造2階建て住宅で、この家に住む長女(45)から


「家が燃えている。避難できていない」と110番通報があった。

福岡県警嘉麻署や消防によると、住宅は全焼し、焼け跡から
成人と子どもとみられる計4人の遺体が見つかった。


坂本さんは重傷で病院に搬送され、その後死亡が確認された。
長女は避難して無事だった。


1階居間が激しく燃えていた

捜査関係者によると、1階居間が激しく燃えていた。


県警に対し、長女もこの居間で「父親が消火活動をしているのを見た」
と説明しているという。居間にはストーブがあったという。


嘉麻署は8日、現場の実況見分を行う方針。

出火当時、この家に住む坂本さんと妻(66)
長女、四女(28)のほか、帰省中だった市内の長男(24)と
長男の息子(3)が在宅していたといい

署は現場で見つかった遺体が坂本さんと長女以外の4人とみて
8日に司法解剖をする予定。

現場はJR桂川駅から約4キロの住宅街。


近隣住民は早朝の猛烈な炎に驚き、消火を試みて
なくなった坂本さんの人柄をしのんだ。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます