化学調味料  「味の素」という企業名が使えないNHKが考案した呼び方|忍者猫 ブログ

化学調味料  「味の素」という企業名が使えないNHKが考案した呼び方

化学調味料  「味の素」という企業名が使えないNHKが考案した呼び方

世間で化学調味料、というか味の素が目の敵にされるようになった原因って確実に「美味しんぼ」のせいだと思います。


世にグルメブームを巻き起こしたこのマンガのせいで、正しいグルメとは
「こだわった店にこだわること」と「素材の味こそが一番」という偏った
認識が広がっちゃったんですよ。

そのせいで、にわかの自称食通たちは美味しい食べ物の話
をしているはずなのにお店の話題ばかり出すし、最高の食材を
そのまま生かす料理こそが正義として

化学調味や効率的な作業、ついでに濃い味の食べ物を目の敵にするのです。


こういった人たちは「自分は最高のもの以外は認めない」と
驕っているだけですので味の違いは分かっていません。


料理ではなく世間体とステータスを食べている状態ですので
たとえ同じ味でもわざわざ手間をかけないと許さないのです。


ついでに言えば、ロクに味がしないでも珍しくて超面倒な食べ物とかそれだけで喜びます。

なお、確かに化学調味料には若干の鉄気臭さがあり
使いすぎると舌が痺れて味がよく分からなくなってくるのは事実です。


中国の片田舎の料理屋さんとか行くと、何を頼んでも同じ味付けで
しかも今食べているのが肉なのか野菜なのかも判断つかないという面白い体験ができます。

ただし、それはあくまで味をごまかすために過剰に使うのが原因です。


一時期流行った「味塩こしょう」なんかも、使ってみると簡単だし
こちらの方が最初は美味しく感じるのですが

慣れた頃に普通の塩だけで食べるとクリアな美味しさに愕然としたりします。


そして塩振り一辺倒に慣れたころに久しぶりに味塩こしょうかけてみると、また旨味が美味しく感じるのです。

結局、味付けで大事なのはその時の体調に合わせた繊細なバランス加減なんですよ。


ちなみに「美味しんぼ」が化学調味料を目の敵にするのは


一昔前に海外で中華料理店が化学調味料ゲテゲテなことが
問題視されていた時代の風潮にいち早く乗っかったことによります。


結局はあのマンガもエンターテイメントなので、時代に合わせていう
ことをコロコロ変えるし情報は結構いい加減です。


化学調味料とは、「味の素」という企業名が使えないNHKがその一般名称として
考案した呼び方です。


これが”化学”という響きがちょうど当時の公害問題とリンクしてしまい

「化学調味料とは薬品であり、体に有蓋である」かのような
イメージをもたれてしまいました。※これを「中華料理店症候群」と言います。




化学調味料とは、「味の素」という企業名が使えないNHKが考案した呼び方


世間で化学調味料、というか味の素が目の敵にされるようになった
原因って確実に「美味しんぼ」のせいだと思います。


世にグルメブームを巻き起こしたこのマンガのせいで
正しいグルメとは「こだわった店にこだわること」
と「素材の味こそが一番」という偏った認識が
広がっちゃったんですよ。


そのせいで、にわかの自称食通たちは美味しい
食べ物の話をしているはずなのにお店の話題ばかり
出すし、最高の食材をそのまま生かす
料理こそが正義として


化学調味や効率的な作業、ついでに濃い味の
食べ物を目の敵にするのです。



こういった人たちは

「自分は最高のもの以外は認めない」と驕っているだけです
ので味の違いは分かっていません。


料理ではなく世間体とステータスを食べている状態
ですので、たとえ同じ味でもわざわざ手間をかけない
と許さないのです。

ついでに言えば、ロクに味がしないでも珍しくて
超面倒な食べ物とかそれだけで喜びます。

なお、確かに化学調味料には若干の鉄気臭さがあり
使いすぎると舌が痺れて味がよく分からなくなって
くるのは事実です。


中国の片田舎の料理屋さんとか行くと、何を頼んでも
同じ味付けで、しかも今食べているのが肉なのか
野菜なのかも判断つかないという面白い体験ができます。


ただし、それはあくまで味をごまかすために
過剰に使うのが原因です。


一時期流行った「味塩こしょう」なんか
使ってみると簡単だしこちらの方が最初は美味しく
感じるのですが、慣れた頃に普通の塩だけで
食べるとクリアな美味しさに愕然としたりします。


そして塩振り一辺倒に慣れたころに久しぶりに
味塩こしょうかけてみると、また旨味が美味しく感じるのです。

ちなみに「美味しんぼ」が化学調味料を目の敵にするのは
一昔前に海外で中華料理店が化学調味料ゲテゲテな
ことが問題視されていた時代の風潮にいち早く乗っかったことによります。


結局はあのマンガもエンターテイメントなので
時代に合わせていうことをコロコロ変えるし情報は結構いい加減です。



化学調味料とは、「味の素」という企業名が使えない
NHKがその一般名称として考案した呼び方です。

これが”化学”という響きがちょうど当時の公害問題
とリンクしてしまい


「化学調味料とは薬品であり、体に有蓋である」
かのようなイメージをもたれてしまいました。

※これを「中華料理店症候群」と言います。







結局、味付けで大事なのはその時の体調に合わせた繊細なバランス加減なんですよ。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます