冬の高齢者の火事 ロウソク生活  電気が止まっても行政には連絡が行かないようです|忍者猫 ブログ

冬の高齢者の火事 ロウソク生活  電気が止まっても行政には連絡が行かないようです

冬の高齢者の火事 ロウソク生活  電気が止まっても行政には連絡が行かないようです

田舎でも高齢者がストーブで火事をおこし
ています

行政に電気がとめられたら、連絡がいく
システムを作ったら
どうなのだろうか?。

今のところ、電気が止まっても行政には
連絡が行かないようです。
2ヶ月くらいしたら電気止めてしまう。


ロウソク生活は、たまに地震などがあっても
あまり使ってはいけないことだとは思う。

北国だと、高齢者が布団にくるまって
寒さをしのいでいた
ということ聞きます。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます