ガソリン 180円に迫る 全ての物流が死にそう  政府は補助金を出す|忍者猫 ブログ

ガソリン 180円に迫る 全ての物流が死にそう  政府は補助金を出す

ガソリン 180円に迫る 全ての物流が死にそう  政府は補助金を出す

今週のレギュラーガソリンの小売価格の平均は20の都府県で1リットルあたり170円を超えました。

国の委託を受けてガソリン価格を調査している石油情報センター
によりますと、レギュラーガソリンの小売価格は
全国平均で1リットルあたり170.2円で、先週より1.8円値上がりしました。

値上がりは3週連続で、およそ13年4か月ぶりの高値水準です。

これはオミクロン株の感染拡大に伴う世界経済への影響は
限定的だという見方が広がっている一方で


ロシアと欧米との間でウクライナを巡る緊張状態が続いている
ことなどから供給への懸念が強まり、原油価格が
上昇していることが主な要因です。

いっぽう、平均の小売価格を都道府県別に見ると
20の都府県で170円を超えました。

このうち長野県が最も高く、177.9円、
次いで長崎県が177.5円、
鹿児島県が177円、
高知県が176.8円、
大分県が175.8円などとなっています。


政府はガソリン価格の上昇を抑えるためレギュラーガソリン
の小売価格の全国平均が170円を超えた場合に
石油の元売り会社に補助金を出すという対策に
乗り出すことにしていています。

今後の見通しについて石油情報センターは

「原油価格は上昇傾向だが、政府の対策の効果で
小売価格への転嫁は抑制されるのではないか」と話しています。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます