奴隷は船上でどのように生き残った 平均死亡率は15% |忍者猫 ブログ

奴隷は船上でどのように生き残った 平均死亡率は15% 

奴隷は船上でどのように生き残った 平均死亡率は15% 

奴隷船にとって旅の途中で「貨物」の3分の1近くを失うことは珍しくありませんでした。
何らかの理由で船が遅れた場合はさらに多くなります。

平均死亡率は15%でした。

奴隷は安価でした。貿易商は安価な製品をアフリカに
持ち込み、奴隷と交換しました。


しかし、奴隷は南北アメリカに連れて行くことが
できた場合にのみお金の価値がありました。

だからあなたはそれらを丸太のように詰めこみました。


南北アメリカに配達した場合、安全に食事を与えて
収容できる数の奴隷だけを連れて旅行した場合よりも
その半分の奴隷を届けるほうが多くの利益を上げました。

奴隷船では、水などの必要物資が足りなくなると
生きている奴隷を海に捨てるという話があります。

奴隷船では、平均して乗組員の20%が死亡すると言われています。
通常は、衛生状態の悪さからくる病気で死亡することが多いのですが
奴隷によって殺されることもありました。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます