ロシア軍 兵器使いすぎて旧式兵器に頼っている模様   民間人の犠牲の可能性が大きい|忍者猫 ブログ

ロシア軍 兵器使いすぎて旧式兵器に頼っている模様   民間人の犠牲の可能性が大きい

ロシア軍 兵器使いすぎて旧式兵器に頼っている模様   民間人の犠牲の可能性が大きい


英国防省は17日、ウクライナの戦況に関する情報を更新し
現在のロシアは精密性の低い旧式兵器の使用に
頼っているとの見解を明らかにした。


こうした兵器は軍事的な効果が低いほか
民間人の犠牲につながる可能性がより大きいという。

同省によると、目標達成の遅れや制空権確保の失敗から
おそらくロシアは当初の予定よりはるかに多くの


「空中発射型スタンドオフ兵器」を消耗する結果になった。
このため、現在は軍事的効果の低い兵器に頼っている状況だという。

「空中発射型スタンドオフ兵器」とは
目標に近接していない航空機から発射される弾薬を意味する。


遠距離から発射することで、乗組員に報復攻撃の
被害が及ぶ可能性を最小限に抑えつつ兵器を
撃ち込むことが可能になる。

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます