両手を上げた民間人をロシア兵が一方的に射殺 キエフ付近のドローン映像  戦争にも規則があるはずですが・・・|忍者猫 ブログ

両手を上げた民間人をロシア兵が一方的に射殺 キエフ付近のドローン映像  戦争にも規則があるはずですが・・・

両手を上げた民間人をロシア兵が一方的に射殺 キエフ付近のドローン映像  戦争にも規則があるはずですが・・・

《 両手を上げて無抵抗の意を示した民間人が
ロシア兵によって一方的に射殺された。


ウクライナ・キエフ付近の路上で撮影された
ドローン映像を、ドイツのメディア


「ZDF(第2ドイツテレビ)」がツイッターで公開した。 》 


両手を上げて無抵抗の意を示した民間人がロシア兵によって
一方的に射殺された。ウクライナ・キエフ付近の
路上で撮影されたドローン映像を、
ドイツのメディア「ZDF(第2ドイツテレビ)」がツイッターで公開した。


公開された動画は、ドイツメディアZDFが独自に入手したもの。
3月7日にウクライナの偵察ドローンが撮影したとされている。


場所は高速E40号線の、キエフから西数キロの地点。
動画の最初の50秒が問題のシーン。


その後、撮影者へのインタビューがあり最後には
射殺現場で死体を始末するロシア兵の姿が映っている。

ZDFによれば、撮影された場所はロシアが制圧した地域。

動画の冒頭で一瞬大写しになるのは、白いマークをつけた
ロシアの戦車で、高速道路の脇に陣取っている。
その周辺の木立の中には、見えにくいが
銃を持った数人のロシア兵が歩き回っている。

そこに、キエフの中心部に向かう車が数台やって来る。

おそらく、前方の戦車が見えたのだろう
車は次々とUターンして逃げるが、白い車だけが途中で止まり



中から運転していた男性が降りてくる。





関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます