「正直者が損をする」という言葉は私の大嫌いな言葉|忍者猫 ブログ

「正直者が損をする」という言葉は私の大嫌いな言葉

「正直者が損をする」という言葉は私の大嫌いな言葉




世の中で大成功した人が税金として身内の犠牲を出している例は極めて多く

例外はよほどその回避に多額な寄付をしたり
人知れず善行を行なっているからでしょう。

こう言うと

「悪人でうまい事儲けている者もいるじゃないか」
ということを言う人がいますが


「悪行をする」ということ自体

すでに人生の税金を払っているのです。


「このことは絶対にバレないから」
ということで悪事の片棒を担がされ
それによって多額な金銭を得たとしたら
それこそ災厄です。


誰が見ていなくても「お天道様が見ている」という
かつて少なからずいた日本人の庶民の感性は
おかしな人生の税金を払わされないためにも大事なことです。



「正直者が損をする」
という言葉は、私の大嫌いな言葉で


こういう事を言う人は、ただ自分で悪いことをする
度胸がないだけの人だと思います。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます