「Amazonアカウント凍結 4000冊の電子書籍が一瞬で吹っ飛んだ」 購入しているのは「所有権」ではない |忍者猫 ブログ

「Amazonアカウント凍結 4000冊の電子書籍が一瞬で吹っ飛んだ」 購入しているのは「所有権」ではない 

「Amazonアカウント凍結 4000冊の電子書籍が一瞬で吹っ飛んだ」 購入しているのは「所有権」ではない 


ギフト券の不正使用って危ない
全部スクショして印刷

電子コンテンツの根底に係る事件
アマギフが安く買えるサイトとかから買ってるとヤバイ




「紙の書籍は所有物だが、電子書籍には所有権はない。
あくまでも『利用権の購入』なので

規約違反などでアカウントが停止されれば
すべての蔵書を一瞬で失うことになる」


2021年8月下旬に「Kindleの4000冊の蔵書が吹っ飛んだ」
という匿名の投稿が話題になりました。



投稿者は、Amazonギフト券をほかから安く買って
定期的に使用していたことから、Amazonアカウント
が永久凍結され、結果としてKindleにあった
約4000冊もの電子書籍が消失してしまったというのです。



Amazonの規約には、不正利用やギフト券の不正使用
などがあった場合、アカウントを停止すると書かれています。


もしAmazonアカウントが停止されれば、Kindle用の電子書籍
が一切読めなくなってしまうのです。



電子書籍のほとんどはそのプラットフォーム(Amazonなどの提供者)
上で読むことができる「利用権」を販売しています。


つまりユーザーはそこで読む権利があるだけで
電子書籍そのものは所持していないのです。


また電子書籍には、サービス自体の終了というリスクもあります。
電子書籍ストアの終了についてまとめている記事


「電子書籍はサービス終了したら読めない?対応事例一覧と最善の対策方法
(to be SOLDOUT)」によると、これまでに10社以上のサービスが終了しています。


電子書籍ストアがサービス終了すれば、そこで読めた電子書籍は読めなくなります。
その代わり、他社への移管、ポイントなどでの返金、アプリへ
のダウンロードといった何らかの補償が行われるのが一般的です。



対策はあるのでしょうか。一つ考えられるのは、電子書籍のPDF保存です。
PDFにすれば今後も読める形式で保存できるからです。

ただし残念ながらPDF変換・保存はAmazonの規約違反です。
Kindleストアの利用規約には


「デジタル権利管理システムまたはその他のコンテンツの
保護もしくは機能を迂回うかい、修正、無効化、回避してはならないものとします」


と書かれており、違反した場合はユーザー側の権利は自動的に解除されるとしています




関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます