アスキー受付 「若い女性」の仕事はすごい|忍者猫 ブログ

アスキー受付 「若い女性」の仕事はすごい

アスキー受付 「若い女性」の仕事はすごい

アスキーという会社に25歳頃に転職して入ったのですが
その受付の方々は超有能で舌を巻きました。

この会社は今も出版社として残っています
一時はマイクロソフト、NTT,、NECなどと
共同事業をいくつも立ち上げるベンチャー企業の雄と言われていました。

インターネットもWindows もない時代ですが
受付にはDEC社のスーパーミニコン端末が
設置されていました。


技術系社員は当時、スケジュールや社内事務の多くを
ネットワーク上でこなしていました。

受付でもそのシステムが駆使されていました。

受付に入るなり、顔と名前が認識さ
手元でカチャカチャと端末を操作すると
アポイントが確認され、担当に電話が入ります。


電話機も当時出始めた高機能のもので、電話中でも割り込み可能。


即座に「xxさんお待ちしていました。yyは3分ほどで参ります。4番会議室でお待ちください。」

この間30秒くらいなんです。

小さい会社なので電話も担当してましたが
同じようにどの部署への電話も即座に対応してました。

コンピューターの力と、彼女たちの能力の
素晴らしいシンクロに感嘆しました。


社内の最新スケジュールや在席状況は端末を駆使して
顔認識は当時はまだAIではできないから彼女たちが
すべての来訪者の顔を覚えていた。


顔だけでなく、どんな人かも記憶しているから、できる、神業でした。

多分日本のIT業界の人脈ネットワークがすべて入っていたに違いない。

というわけで、すごく美人、ではなかったですが
業界では、わりとあそこの受付はすごい、と
言われていたという話を聞いたことがあります。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます