イスラム教ではジハードは相手が攻撃してきた時に反撃するということ?|忍者猫 ブログ

イスラム教ではジハードは相手が攻撃してきた時に反撃するということ?

イスラム教ではジハードは相手が攻撃してきた時に反撃するということ?

噛み砕いて言うと、元々は死ぬほど頑張ってなにかしようぜっ
て意味だけど、テロリストが自爆テロにそれを引用した


イスラームには4つの道がある(中田考による)。

・「神とは何か」を究め尽くす。
・「人間はどうあるべきか」を学ぶ。
・修行や実践を通して「我」を滅し、心を神で満たす。
・神の心を地上に実現するために戦う。

この第4のものがジハード。イスラームは、この世の不正や悲惨を
「受け入れて耐え忍べ」とは言わない。

人はこの世の不正や悲惨と勇敢に戦わねばならない。
ジハードとは「努力」を意味するが、努力とは常に「誘惑」との戦いだ。

またイスラームは基本的に改宗を強制しない。
相手が納得するまで説得を続ける。


だが相手が暴力を振るってきたり、神や共同体を
侮辱するような言動をとったとき、戦うことも許される。


というのが基本路線だが、いわゆる

「ジハード主義者」にとってのジハードとは

この「光なき世界」に光を当てて……

要するにテロを仕掛けて「世俗の警察や軍の力の及ばない空白地帯」

を作り上げ、その領域に厳格なイスラーム法による支配
を確立させるための方法論を指す。

これは普通のムスリムには受け入れられていない。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます