NHK の受信料は払わないとだめなのか  公共放送は重要で必要なものです|忍者猫 ブログ

NHK の受信料は払わないとだめなのか  公共放送は重要で必要なものです

NHK の受信料は払わないとだめなのか  公共放送は重要で必要なものです

ネットからも
ホテルの一台からもお金を得ようとする
その姿勢はちょっと問題があると思いますが


NHK受信料はNHKの番組の代金ではなく
日本国の国策である公共放送を維持するための
財源確保するための

特殊な負担金(判例、総務大臣答弁)です。



政府から税金を出してもらう国営放送になってしまうと
財源を抑えられ、ロシアの国営放送のように
政権や独裁者の検閲するまま嘘やフェイクニュース


我が国大勝利、と言った代物を垂れ流す
出先機関に成り下がってしまうのは
今回のロシア侵攻ではっきりしました。


また、民間放送になると中国などの資本が
広告主になり、中国政府の言いなりになってしまいます。


それを防ぐための方策として選ばれたのが
国民から薄く広く負担金を求める公共放送です。

だからこそ放送法64条で契約と支払いの義務
が定められており、テレビがあるなら契約と
支払いの義務があるとされているわけです。

ちゃんと日本国の未来を考えている政治家は
公共放送の重要さを認識していて
NHKを無くすような話はほぼありません。

結論として厳密に法律で「義務」とされています。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます