リリカ 痛み止め 一気に300 MG 飲みました 多幸感は得られず1日寝ていました|忍者猫 ブログ

リリカ 痛み止め 一気に300 MG 飲みました 多幸感は得られず1日寝ていました



リリカ 痛み止め 一気に300 MG 飲みました 多幸感は得られず1日寝ていました

連休でしたが1日全く記憶がなく寝ていました

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はあまり効かないのですが
これはすごく効きますね

副作用に眠気ふらつきがあると書いてありますが
確かにそうだろうなと思いました

寝起きも頭が働かないでw


1日ムダにしたような気がします
もう少ししたら精神科で
プレガバリン

同じ薬をもらってきます



痛み止めです
一応全般性不安障害に効く
とありますが

あまり感じなかったです


慢性疼痛が昔あったのですが
一気に直りました

3日ぐらい飲んだら痛みが消えました


その後飲んでいません

昔医療法人にて整形外科と一緒になっていまして
無料で買い物用のコルセットとか
整形外科受診薬も無料でした

自分は自立支援を受けているので
精神科で1割負担で済みます

量は試しながらブレガバリンを飲んでいきたいと思います

まあ中枢神経に効くので
結構危険かもしれません^^

痛み止めがメインだと思います
不安障害にはあまりつかないと感じます

__________

脊椎動物では脳と脊髄が中枢神経となる。

中枢神経系において神経細胞を興奮させる
シグナルとなるカルシウムイオンの流入を抑え

興奮性神経伝達物質の過剰な放出を抑えることで
鎮痛作用などをあらわす薬

脊椎動物では脳と脊髄が中枢神経となる。




_________________


プレガバリン(リリカ®)は神経障害性疼痛および
線維筋痛症に対して広く用いられ
海外では部分発作や

全般性不安障害の治療薬

としても承認されている。

投与中止に際しては1週間以上かけて
漸減することが添付文書にも記載されており
急激な中断によって


不眠、悪心、頭痛、不安などの離脱症状が出現する可能性が指摘されている。





通常、成人には初期用量としてプレガバリン

1日150mgを1日2回に分けて経口投与し
その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増した後

300〜450mgで維持する。


なお、年齢、症状により適宜増減するが
1日最高用量は450mgを超えないこととし
いずれも1日2回に分けて経口投与する。





[プレガバリン:リリカ](http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1190017.html)

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます