女性の小便をリサイクル! 小便専用野外トイレ  リサイクル技術で発電に使われる|忍者猫 ブログ

女性の小便をリサイクル! 小便専用野外トイレ  リサイクル技術で発電に使われる



女性の小便をリサイクル! 小便専用野外トイレ  リサイクル技術で発電に使われる

欧州には便座がない、膝裏の少し上で半立ちで
体支える洋式トイレがあるから
欧州基準でも革新的とは思えないけど。


小便専用となっていても、大便をしてしまう方が出てこないか心配。

日本の場合、スマホが使えないようにするだけで
使用時間が10分短縮する実験結果がある



使用方法は至ってシンプルで、しゃがんだ状態で排泄をするだけ。

「ハンズフリー」なため、衛生的に使用できるという。

また、トイレ同士は仕切りで分けられているものの
ドアは設置されておらず、立ち上がると上半身が
見える設計になっている。


「一般的なトイレの場合

ドアを開けてから閉めて、次に鍵をかけて
備えつけのワイプなどで便座をきれいに除菌しますよね。

さらにプライベートな空間であることから、動作が
どうしてもゆっくりになってしまいがちです。

そうした小さなことが重なって、個室トイレでは
時間がかかってしまうという側面もあります」

「私たちがデザインしたトイレには
ドアの代わりに仕切りが重ねられており
時間短縮につながります。


使用時はしゃがむだけなので、便器と直接肌が触れることもなく
使用前に掃除する必要もありません。



衛生的で安全です。一方で、完全なプライベート空間
ではないことから、用を足したらすぐに出るという
行動にもつながります」


天井を設けずオープンエアーにしているため
匂いがこもらないという利点も。


バッグなど身の回りのものをかけるフック
なども設置されているという。


「PEEEQUAL(ピークアル)」

のトイレは汲み取り式になっており
タンクに集約された尿は

「PeePower(ピーパワー)」という
スタートアップ企業が手がける
リサイクル技術によって発電に使われるという。

そのため便器内にトイレットペーパーは流せず
備え付けのごみ箱に捨てるシステム
となっており


排泄ごとに水を使用しない点でも
環境負荷が少ないんだそう。


関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます