【日本の政治を変えるには】  「サンライズムーブメント」をまず学ぶべき  今の日本には本物の左翼が存在しない|忍者猫 ブログ

【日本の政治を変えるには】  「サンライズムーブメント」をまず学ぶべき  今の日本には本物の左翼が存在しない

【日本の政治を変えるには】  「サンライズムーブメント」をまず学ぶべき  今の日本には本物の左翼が存在しない


このテーマについては、様々な角度から語りたいことが沢山あるのですが
最初に注目して欲しいのは、以下なようなアメリカでの
政治的なムーブメントの存在です。


サンライズムーブメントという名前をご存知の人もいると思いますが
まずはそれに関連する記事とユーチューブ動画を紹介しておきます。

ユーチューブ動画は、れいわ新選組から参院選に
立候補している長谷川羽衣子さんと政治学者の中島岳志氏の対談です。


別にれいわ新選組を特に支持している訳ではないのですが
「サンライズムーブメントとは何か?」

を知って貰うのに、この動画が良いと思ったのでアップすることにしました。


このぐらいの運動が日本でも起これば
多少は選挙活動をキッカケとして政治を変えることが
可能になると思います。

逆に云えば、このぐらい思い切ったムーブメント
を起こさないと、日本の政治は絶対に変わらないと思えるわけです。


何故そう思えるのかは、昨日紹介した本を
何冊も読めば、疑いの余地がないほど歴然と納得できるはずです。

でも、日本とアメリカのとの差はあまりにも大きいので
このままでは絶望的だと感じるということなのです。

国民性の違いもありますが、単純に国民性や民族性の違い
として説明すべきでない


もっと深い日本人のメンタリティの負の側面という
要素に目を向ける必要がある、というのが僕の昔からの考えでした。


佐藤優が、そのこととも関連する発言を、何かの本の中でしていました。

佐藤優が語っていた言葉を、そのまま引用すると、こんな感じです。

今の日本には本物の左翼が存在しない。
だから、それに対抗できる本物の右翼も存在しない。

私は真の右翼を自認している稀な人間だけれども
そんな立場からすると、自分たちのことを
保守派とか右派とか言っている人たちのことを私は信頼できない。


そんな曖昧で生温い言い方ではなく
明確に右翼として自分の立場を打ち出さないと本物ではない。

しかし、本物の左翼が存在しないから本物の右翼も存在しなくなった。

私は本物の左翼と本物の右翼とが対峙する中で
初めて本当に優れた政治が可能になるのだと思う。


上記のような佐藤優の言葉には、実は必ずしも
賛同できない点もあるのですが、主張したいことはよく分かります。

でも賛同できる点も多分にあるのも事実です。

それからグリーンニューディールを推進している
サンライズムーブメントについても、実は
僕自身としては疑問に感じる点もあります。

同じことは、れいわ新選組にも言えます。

佐藤優の言葉にしても、グリーンニューディール
にしても、具体的に何が賛同できて何が疑問なのか
ここでは語りません。

それを語っても意味がないと思えるほど日本の政治が
腐敗しているので、現実を根本から変える可能性を
秘めているなら、そんな主張や運動には賛同したい
というのが僕の個人的な考えなのです。

党利党略に縛られた政治家には、現実を変えるのは
絶対的に無理です。


たとえ個人的な資質という点で優れていても無理です。

優れていると感じる政治家は一定数いますが
概してグループ内に埋没していて表舞台にはあまり出てきません。


それに政治家に期待するのではなく、政治を変えるには
国民一人一人の意識と行動が大切なのです。

https://criepi.denken.or.jp/jp/serc/column/column35.html

https://dhbr.diamond.jp/articles/-/5909

https://youtu.be/YdPUPGQaa6k



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます