食品添加物の危険性  food additive cancer(超加工食品)で検索して下さい|忍者猫 ブログ

食品添加物の危険性  food additive cancer(超加工食品)で検索して下さい

食品添加物の危険性  food additive cancer(超加工食品)で検索して下さい


慢性上咽頭炎の影響で自律神経の乱れを介した症状になる事があるそうです
膠原病、皮膚病、腎臓病、鬱やパニック、不安等等、症状は多岐にわたるそうです。


上咽頭炎に炎症(ウイルス、化学物質等)がみられればそこが病原巣になるようです


ウイルス感染後疲労症候群から慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)ME/CFSと呼ばれる病気に移行する事もあるそうです


(他の原病巣が原因となっている(例えば歯周病、根尖病巣、扁桃腺など)もあります)


西洋医学は対処療法でしかない
(原因が分からないものは殆どが心因性と判断されます)


もしよければ参考程度で良いので一読下さい

食品添加物の危険性はご存じですか

food additive cancer(超加工食品)で検索して下さい

(日本語で検索しても安全としか出てきません海外では問題視されてます)


日本は食品添加物が1500種使用しても良い事になってますが、海外では130、厳しい所では30以下です
(神経毒や発がん性があるもの等)


ペットフードにも人間の30倍以上の添加物が使用されていて、癌、てんかん、人間同様色々な病気が増加傾向(神経質も含)にあるそうです

油の危険性もあるのでトランス脂肪酸(人工油)等

油は油のあるところに溶ける性質があります



主に4カ所
皮下脂肪(運動で消費できます)
血管内壁(内壁はコレステロールで出来ていて漏れない仕組みになっている)
神経(血管と同じ似たような構造で中に電流が流れる)
リンパ管

トランス脂肪酸が変異したアルデヒド化したものが入ってくると異常がおきるそうです


体温が低い人はリンパ管
体温が中程度の人は神経
体温が高体温の人は血管(脳梗塞、心筋炎等)
に集まる集成があるそうです


なので悪い油の摂取は良くないそうです

同じ食生活をしていても免疫系の病気になるそうです
(リウマチ、パーキンソン病、アルツハイマー等)

外国産小麦や家畜の飼料は農薬が使われています


(家畜に使用されるホルモン剤

(牛乳はエストロゲンの影響も懸念されるそうです)抗生物質も)

(海外で禁止された農薬ですが日本は許可されてます)



日本は不平等条約やISD条項等で海外で余っている使用不可の
産業廃棄物処理になっています


(海外から輸入された安い油は海外では機械油にしかならないが、日本では食品になっているものがある)

日本の薬害の歴史から知ると理解できますが薬もワクチンも同様です


精神病も新薬が出来てから増加傾向にあります。

薬が開発されているのに病気が無くならない。
海外で禁止されている抗ガン剤も日本で使用されているそうです。

健康と病気は食生活が影響しているのでそこを改善すると良くなるそうです


余命数カ月のガン、てんかんの減薬、糖尿病、免疫疾患等等
寛解していく患者も沢山いるそうです(精神病も同様)
(西洋と東洋両方の医療体制を整えている所は少ないそうです)

理由もなく死にたいと思う方は年々増加傾向にあると聞きました

自分で意識していない部分での義務教育のプロパガンダでの罪悪感があるそうです
(日本人が反日感情や自信を無くすような教育になっている。
学校教育で数学、物理以外はすべて偽物だと聞きました)


ウォー・ギルト・インフォメーションプログラム(公文書公開)

も良ければ調べて下さい


日本人が何故不平等条約等で不必要な輸入や政、財、官、法律


教育等あらゆる分野でどのような事が行われ続けているのかを
知る事が出来ると思います。


自虐史観を教育で植え付けているそうです。


ケントギルバードさんの本も参考になると思います




(日本でどのようなプロパガンダが起きているのか知る事ができます)

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます