市役所 冷房を25℃に 1ヶ月で4000万円の税金を節約  全国でやれば800億円節約|忍者猫 ブログ

市役所 冷房を25℃に 1ヶ月で4000万円の税金を節約  全国でやれば800億円節約


市役所 冷房を25℃に 1ヶ月で4000万円の税金を節約  全国でやれば800億円節約

つまり全国に約2000くらいの役所があると言われてるから
これを全国でやるだけで一ヶ月80,000,000,000円

(800億円)も節約できる

今まで
公務員「市役所あっつ団扇で仰がな水飲まな頭働かんわ」→残業増えまくり

25℃設定後

公務員「快適に仕事できるわ」→残業激減


室温を28℃に上げたら何が起きるのか?

作業効率が落ち、残業が増え、人件費が激増する。

「2019年に姫路市役所で室温と作業効率の関係が調査されました」

姫路市長が元医師で、職員の健康を気にしてのことだったが
数値化され、可視化されるととんでもないことがわかった。

「1ヶ月ちょっとの間、25℃冷房にしてみたそうです。


姫路市役所はおよそ4000人が勤務されているのですが
光熱費は7万円増えました。そして残業時間は
平均で2.9時間減ったそうです。

これを人件費に換算すると4000万円」


4000万円である。

7万円をケチって節電し、クーラーを28℃にすると4000万円の損失だったのだ。


これは市役所での話なので、巡り巡って私たちが払っている税金である。

伊香賀氏らが実オフィス(社員354名、被験者12名)の
被験者実験を行ったところ、もっとも作業効率が
高かったのは冷房室温25.7℃だったそうだ。


そこから28℃に上げるとどのくらいの損失になるのか。

空調用エネルギー費は床面積当たり日額1.7円
(1万㎡のオフィスであれば、月額34万円)の
節約が可能だが


作業効率の低下によって社員の人件費は
床面積当たり日額150円(同・月額3,000万円)
の損失になるという。

室温28℃に根拠がなく、企業にバカにならない
損害を与えるのでは、何のための節電なのかわからない。

がんばっている気分だけを押しつけられているのではないのか? 
正しく節電する方法はもっと他にあるのでは? と疑うのは当然だろう。


「クーラーは新しい機種の方が省エネ設計が進んでいます。
10年とか15年したらどうせ取り替えます。


いずれ取り替えるわけですから、その取り替えるタイミング
を早めて、省エネ性能のいいものにする。
我慢の省エネをしなくても、もっと節電ができます」

エアコンメーカーの三菱電機


エアコンの標準的な使用期間は10年。


必ずしも10年を超えたら即座に買い替えが必要ではないが
修理のための部品保有は9年。


10年以上使用したエアコンは、故障した場合

修理の対応が難しくなるのだそうだ。





関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます