米アラスカ州 【ベーリング海のズワイガニ漁師「カニだ!カニだ!」→数十億匹消滅、禁漁|忍者猫 ブログ

米アラスカ州 【ベーリング海のズワイガニ漁師「カニだ!カニだ!」→数十億匹消滅、禁漁

米アラスカ州 【ベーリング海のズワイガニ漁師「カニだ!カニだ!」→数十億匹消滅、禁漁


なんか番組の中でカニだけはどんだけ獲っても
絶滅しない数少ない生物みたいな説明されてた記憶なんですが・・・


中国
日本式の食べ方が大流行して、日本が買い付けられないほど買い占めてる

_____________

アラスカ州沖のベーリング海で行われていたズワイガニ漁が、今年初めて中止になった。
ベーリング海のズワイガニは、ここ数年で数十億匹が姿を消している。


アラスカ州漁業委員会と北太平洋漁業管理協議会はこのほど
ベーリング海のズワイガニの個体数が、漁を解禁できる
基準値に満たなかったと発表した。

アラスカ州漁業狩猟局によると、ズワイガニの個体数は
2018年の約80億匹から、21年には約10億匹へと激減した。


ベーリング海で水揚げされるカニの中で、ズワイガニは
突出して多い。


それだけに「メスや幼生も含めて何十億匹もいなくなったのはショックだった」
と同局の専門家は指摘する。

発表によると、今年はブリストル湾のタラバガニ漁も2年連続で禁漁となった。


州漁業狩猟局の専門家は禁漁の理由として、自然増加数を超える
のカニが、ベーリング海で水揚げされている可能性があると説明した。

21~22年にかけての調査によると、成体のオスのズワイガニは
約40%減少し、残された量はベーリング海全体で約2万トンと推定される。

米海洋大気局(NOAA)の専門家は、ズワイガニの激減には気候変動
が重大な影響を及ぼしていると指摘する。

ズワイガニは水温が2度以下の冷たい海に生息する。
しかしアラスカ周辺で海水温が上昇し、海氷が解ける中
ズワイガニの生息は難しくなりつつある。



関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ


Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます