おおらかでのんびり…昭和初期外国人が見た日本人、なぜせっかちに?|忍者猫 ブログ

おおらかでのんびり…昭和初期外国人が見た日本人、なぜせっかちに?

・今は精神的豊かさも
経済的豊かさも無いように思えます。

インドに行くと物はないけど
幸せだ という人が
よくいるみたいです。
僕はインドではあったことがないけど。

行列に並ぶのは、海外でも
珍しいようですね
しかも、おとなしい^^

東京行くと
サラリーマンが
エスカレーターを走っている
田舎では見たことがないですね(笑)

日本株の動きを見ても
変動激しく、
ダウに比べても
日本人はせっかち。
というか潔癖? 病気的なものを
感じます。

物がないから心が豊か
物があるから心はすさむ。
というのは真実だと思います。


時間厳守を重視する国民性から、
日本人は外国人の目に
“せっかち”と
映ることが多いようです。
では日本人はいつから、
どうしてせっかちに
行動するようになったのでしょう ── 。


「せっかちさ」は
日本人のDNAに
組み込まれているだろうか。

「セカセカ度」の1位は日本人だった。
調査項目は、
(1)銀行のロビーに掛かっている時計の正確さ、
(2)歩行者の歩く速さ、
(3)郵便局員が切手を1枚売りさばく
所要時間の3項目だったが、
いずれの項目でも日本(東京と仙台)が1位だった。

特に郵便局員が切手を
1枚売りさばく所要時間では、
日本(25秒)は最下位(47秒)の約半分だった。


昭和初期の日本人は「のんびり」

昭和の初めに日本に滞在し、印象記
(『東京に暮す―1928~1936』岩波文庫)
を残した英国人キャサリン・サンソム夫人は、

「日本人はおおらかで、
すべてにわたってのんびりしている」
という印象をもった。

「働く必要がないと日本人は
何もしないでのんびりしています。

店の中で店員が新聞を広げて
こっくりしていたり、
仲間といつ終わるとも知れないお喋りに
夢中になっている姿をよく目にします。

配達の小僧たちが自転車に寄り掛かり、
手で頭を支えて眠っています」


興味深いのは、1988年にパソコンと
マーカーペンの出荷額が急増していることだ。

特に、重要情報をマーキングする
マーカーペンはそれ以前の7年間は
毎年800億円程度で推移していたが、
いきなり10倍以上の約9000億円に拡大した。

情報摂取が追い付かなくなった
日本人の姿が見て取れる。

日本人は昔から「せっかち」
だったのではなかった。


おおらかでのんびり…昭和初期外国人が見た日本人、なぜせっかちになった?

関連記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

Copyright © 忍者猫 ブログ All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます